Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

子どもの監督

このモジュールでは、子どもの管理機能に関する機能について説明します。

概要

このモジュールの機能は、子どもの管理機能(OPENTHREAD_CONFIG_CHILD_SUPERVISION_ENABLE)が有効になっている場合に利用できます。

関数

otChildSupervisionGetCheckTimeout(otInstance *aInstance)
uint16_t
管理チェックのタイムアウト間隔(秒)を取得します。
otChildSupervisionGetInterval(otInstance *aInstance)
uint16_t
お子様の管理機能の間隔(秒単位)を取得します。
otChildSupervisionSetCheckTimeout(otInstance *aInstance, uint16_t aTimeout)
void
管理チェックのタイムアウト間隔(秒単位)を設定します。
otChildSupervisionSetInterval(otInstance *aInstance, uint16_t aInterval)
void
お子様に対する管理機能の間隔(秒単位)を設定します。

関数

otChildSupervisionGetCheckTimeout

uint16_t otChildSupervisionGetCheckTimeout(
  otInstance *aInstance
)

管理チェックのタイムアウト間隔(秒)を取得します。

デバイスがスリープ状態の子で、指定されたチェック タイムアウト内に親からの応答がない場合、再接続プロセス(MLE 子更新リクエスト/親との親への交換)が開始されます。

詳細
パラメータ
[in] aInstance
OpenThread インスタンスへのポインタ。
戻り値
管理ツールの確認のタイムアウト。ゼロは、お子様に対する管理機能の確認が無効になっていることを示します。

otChildSupervisionGetInterval

uint16_t otChildSupervisionGetInterval(
  otInstance *aInstance
)

お子様の管理機能の間隔(秒単位)を取得します。

お子様向け管理機能には、保護者が管理機能の範囲内で眠っている各子どもに確実にメッセージを送信するためのメカニズムがあります。管理期間内にお子様への送信がない場合、OpenThread が管理メッセージをキューに追加し、管理メッセージ(ペイロードが空のデータ メッセージ)を送信します。

詳細
パラメータ
[in] aInstance
OpenThread インスタンスへのポインタ。
戻り値
子の管理機能。ゼロは、子どもの管理機能が無効になっていることを示します。

otChildSupervisionSetCheckTimeout

void otChildSupervisionSetCheckTimeout(
  otInstance *aInstance,
  uint16_t aTimeout
)

管理チェックのタイムアウト間隔(秒単位)を設定します。

詳細
パラメータ
[in] aInstance
OpenThread インスタンスへのポインタ。
[in] aTimeout
チェック タイムアウト(秒単位)。0: 子に対する管理機能の確認を無効にします。

otChildSupervisionSetInterval

void otChildSupervisionSetInterval(
  otInstance *aInstance,
  uint16_t aInterval
)

お子様に対する管理機能の間隔(秒単位)を設定します。

詳細
パラメータ
[in] aInstance
OpenThread インスタンスへのポインタ。
[in] aInterval
管理間隔(秒) 保護者が管理機能を無効にする場合は 0。

リソース

OpenThread API リファレンスのトピックは、GitHub で入手できるソースコードに基づいています。 詳細については、ドキュメントをご覧ください。