Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

リソース

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Google がリリースした OpenThread は、オープンソース プロジェクトです。OpenThread の使用または OpenThread への貢献を支援する必要がある場合は、以下のリソースを使用してください。

対応

コミュニティ フォーラム

OpenThread GitHub ディスカッションを使用して、OpenThread に関するディスカッションや質問を行うことができます。これは、OpenThread チームから直接フィードバックを得るのに最適な場所です。

バグと機能に関するリクエスト

コードのバグ 機能強化のリクエストがあったりした場合は、それぞれの GitHub リポジトリの Issue Tracker に送信してください。

OpenThread のガイド、Codelab、API リファレンスのトピックに投稿する場合は、GitHub リポジトリの投稿をご覧ください。 サイトの各ページの右上にある [フィードバックを送信] ボタンを使用することもできます。

投稿

OpenThread にご協力いただき、今日よりもさらに優れた体験となるようサポートしてください。コントリビューションには、ドキュメントとコードの提案の両方が含まれます。詳しくは、GitHub の寄付に関するガイドラインをご覧ください。

ドキュメントの投稿

OpenThread のドキュメントには次の 2 種類があります。

  • GitHub - 設定、サンプル プラットフォームの構築方法、ツールの使用方法に重点を置いています。
  • openthread.io - OpenThread のニュースと機能、ユースケース、ガイド、API リファレンスに焦点を当てています。

OpenThread GitHub リポジトリに直接貢献する場合は、pull リクエストの一部として README の形式でドキュメントを追加してください。たとえば、OpenThread を新しいハードウェア プラットフォームに移植する場合、そのプラットフォームで OpenThread をビルドする方法を説明した README を含めます。良い例は、Qorvo GP712 プラットフォームの追加です。

Openthread.io への投稿を希望される場合は、提案した投稿について説明し、Issue Tracker に問題を提出してください。OpenThread チームのメンバーが、協力してサイトにコンテンツを追加していきます。

openthread.io の投稿の例として、製造業での OpenThread の使用に関する記事や、各プラットフォームの詳細なデプロイ手順を提供しているベンダーなどがあります。

注: ドキュメントへの投稿はすべて、Google デベロッパー ドキュメント スタイルガイドに沿って行う必要があります。

マーケティング アセット

OpenThread ロゴタイプは、印刷物やウェブ素材で使用できます。

このソフトウェア配布を正確に言及している場合にのみ、OpenThread の名前とマークを使用してください。Google、Google Nest、または Thread Group による承認を受けているか、または推薦を受けていることを示唆する方法でマークを使用しないでください。

OpenThread ロゴタイプをダウンロードする