Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

コマンドラインインターフェイス

このモジュールには、スレッドスタックの実行を制御する関数が含まれています。

概要

Typedef

otCliOutputCallback )(void *aContext, const char *aFormat, va_list aArguments) typedef
int(*
この関数ポインタは、コンソール出力について通知するために呼び出されます。

関数

otCliAppendResult ( otError aError)
void
CLIコンソールにエラーコードを書き込みます。
otCliInit ( otInstance *aInstance, otCliOutputCallback aCallback, void *aContext)
void
CLIモジュールを初期化します。
otCliInputLine (char *aBuf)
void
このメソッドは、コンソール入力行にフィードするために呼び出されます。
otCliOutputBytes (const uint8_t *aBytes, uint8_t aLength)
void
バイト数を16進文字列としてCLIコンソールに書き込みます。
otCliOutputFormat (const char *aFmt, ...)
void
フォーマットされた文字列をCLIコンソールに書き込みます。
otCliPlatLogLine ( otLogLevel aLogLevel, otLogRegion aLogRegion, const char *aLogLine)
void
OpenThreadログをCLIコンソールに書き込む関数。
otCliPlatLogv ( otLogLevel aLogLevel, otLogRegion aLogRegion, const char *aFormat, va_list aArgs)
void
OpenThreadログをCLIコンソールに書き込むためのコールバック。
otCliSetUserCommands (const otCliCommand *aUserCommands, uint8_t aLength, void *aContext)
void
ユーザーコマンドテーブルを設定します。

Typedef

otCliOutputCallback

int(* otCliOutputCallback)(void *aContext, const char *aFormat, va_list aArguments)

この関数ポインタは、コンソール出力について通知するために呼び出されます。

詳細
パラメーター
[in] aBuf
出力付きのバッファーへのポインター。
[in] aBufLength
バッファに格納されている出力データの長さ。
[out] aContext
ユーザーコンテキストポインタ。
戻り値
コールバックによって書き込まれたバイト数。

関数

otCliAppendResult

void otCliAppendResult(
  otError aError
)

CLIコンソールにエラーコードを書き込みます。

aErrorOT_ERROR_PENDING場合、何も出力されません。

詳細
パラメーター
[in] aError
エラーコード値。

otCliInit

void otCliInit(
  otInstance *aInstance,
  otCliOutputCallback aCallback,
  void *aContext
)

CLIモジュールを初期化します。

詳細
パラメーター
[in] aInstance
OpenThreadインスタンス構造。
[in] aCallback
CLI出力を処理するために呼び出されるコールバックメソッド。
[in] aContext
ユーザーコンテキストポインタ。

otCliInputLine

void otCliInputLine(
  char *aBuf
)

このメソッドは、コンソール入力行にフィードするために呼び出されます。

詳細
パラメーター
[in] aBuf
nullで終了する文字列へのポインタ。

otCliOutputBytes

void otCliOutputBytes(
  const uint8_t *aBytes,
  uint8_t aLength
)

バイト数を16進文字列としてCLIコンソールに書き込みます。

詳細
パラメーター
[in] aBytes
印刷する必要のあるデータへのポインタ。
[in] aLength
aBytes長さ。

otCliOutputFormat

void otCliOutputFormat(
  const char *aFmt,
  ...
)

フォーマットされた文字列をCLIコンソールに書き込みます。

詳細
パラメーター
[in] aFmt
フォーマット文字列へのポインタ。
[in] ...
引数の一致するリスト。

otCliPlatLogLine

void otCliPlatLogLine(
  otLogLevel aLogLevel,
  otLogRegion aLogRegion,
  const char *aLogLine
)

OpenThreadログをCLIコンソールに書き込む関数。

詳細
パラメーター
[in] aLogLevel
ログレベル。
[in] aLogRegion
ログ領域。
[in] aLogLine
ログ行文字列へのポインタ。

otCliPlatLogv

void otCliPlatLogv(
  otLogLevel aLogLevel,
  otLogRegion aLogRegion,
  const char *aFormat,
  va_list aArgs
)

OpenThreadログをCLIコンソールに書き込むためのコールバック。

詳細
パラメーター
[in] aLogLevel
ログレベル。
[in] aLogRegion
ログ領域。
[in] aFormat
フォーマット文字列へのポインタ。
[in] aArgs
aFormatに一致するva_list。

otCliSetUserCommands

void otCliSetUserCommands(
  const otCliCommand *aUserCommands,
  uint8_t aLength,
  void *aContext
)

ユーザーコマンドテーブルを設定します。

詳細
パラメーター
[in] aUserCommands
ユーザーコマンドを含む配列へのポインター。
[in] aLength
aUserCommands長さ。
[in] aContext
コンテキストがハンドラに渡されます。