Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

エラー

このモジュールには、OpenThread で使用されるエラー定義が含まれています。

まとめ

列挙型

otError{
  OT_ERROR_NONE = 0,
  OT_ERROR_FAILED = 1,
  OT_ERROR_DROP = 2,
  OT_ERROR_NO_BUFS = 3,
  OT_ERROR_NO_ROUTE = 4,
  OT_ERROR_BUSY = 5,
  OT_ERROR_PARSE = 6,
  OT_ERROR_INVALID_ARGS = 7,
  OT_ERROR_SECURITY = 8,
  OT_ERROR_ADDRESS_QUERY = 9,
  OT_ERROR_NO_ADDRESS = 10,
  OT_ERROR_ABORT = 11,
  OT_ERROR_NOT_IMPLEMENTED = 12,
  OT_ERROR_INVALID_STATE = 13,
  OT_ERROR_NO_ACK = 14,
  OT_ERROR_CHANNEL_ACCESS_FAILURE = 15,
  OT_ERROR_DETACHED = 16,
  OT_ERROR_FCS = 17,
  OT_ERROR_NO_FRAME_RECEIVED = 18,
  OT_ERROR_UNKNOWN_NEIGHBOR = 19,
  OT_ERROR_INVALID_SOURCE_ADDRESS = 20,
  OT_ERROR_ADDRESS_FILTERED = 21,
  OT_ERROR_DESTINATION_ADDRESS_FILTERED = 22,
  OT_ERROR_NOT_FOUND = 23,
  OT_ERROR_ALREADY = 24,
  OT_ERROR_IP6_ADDRESS_CREATION_FAILURE = 26,
  OT_ERROR_NOT_CAPABLE = 27,
  OT_ERROR_RESPONSE_TIMEOUT = 28,
  OT_ERROR_DUPLICATED = 29,
  OT_ERROR_REASSEMBLY_TIMEOUT = 30,
  OT_ERROR_NOT_TMF = 31,
  OT_ERROR_NOT_LOWPAN_DATA_FRAME = 32,
  OT_ERROR_LINK_MARGIN_LOW = 34,
  OT_ERROR_INVALID_COMMAND = 35,
  OT_ERROR_PENDING = 36,
  OT_ERROR_REJECTED = 37,
  OT_NUM_ERRORS,
  OT_ERROR_GENERIC = 255
}
列挙型
この列挙型は、OpenThread 全体で使用されるエラーコードを表します。

Typedef

otError typedef
enum otError
この列挙型は、OpenThread 全体で使用されるエラーコードを表します。

Functions

otThreadErrorToString(otError aError)
const char *
この関数は、otError 列挙型を文字列に変換します。

列挙型

otError

 otError

この列挙型は、OpenThread 全体で使用されるエラーコードを表します。

Properties
OT_ERROR_ABORT

オペレーションが中断されました。

OT_ERROR_ADDRESS_FILTERED

アドレス フィルタ(許可リストまたは拒否リスト)によってフィルタされたフレームを受信しました。

OT_ERROR_ADDRESS_QUERY

アドレス解決には、アドレス クエリ オペレーションが必要です。

OT_ERROR_ALREADY

オペレーションはすでに進行中です。

OT_ERROR_BUSY

サービスはビジー状態で、オペレーションを処理できませんでした。

OT_ERROR_CHANNEL_ACCESS_FAILURE

チャネルでのアクティビティにより送信できませんでした。つまり、CSMA-CA メカニズムが失敗しています(IEEE 802.15.4-2006)。

OT_ERROR_DESTINATION_ADDRESS_FILTERED

宛先アドレス チェックの結果、フィルタされたフレームを受信しました。

OT_ERROR_DETACHED

現在、スレッド パーティションには関連付けられていません。

OT_ERROR_DROP

メッセージをドロップしました。

OT_ERROR_DUPLICATED

重複したフレームを受け取りました。

OT_ERROR_FAILED

操作に失敗しました。

OT_ERROR_FCS

受信中に FCS チェックが失敗しました。

OT_ERROR_GENERIC

一般的なエラーです(使用しないでください)。

OT_ERROR_INVALID_ARGS

入力引数が無効です。

OT_ERROR_INVALID_COMMAND

入力(CLI)コマンドが無効です。

OT_ERROR_INVALID_SOURCE_ADDRESS

無効な送信元アドレスからフレームを受け取りました。

OT_ERROR_INVALID_STATE

状態が無効のため完了できません。

OT_ERROR_IP6_ADDRESS_CREATION_FAILURE

IPv6 アドレスを作成できませんでした。

OT_ERROR_LINK_MARGIN_LOW

リンクのマージンが低すぎます。

OT_ERROR_NONE

エラーはありません。

OT_ERROR_NOT_CAPABLE

モードフラグによってオペレーションがブロックされています。

OT_ERROR_NOT_FOUND

リクエストされたアイテムが見つかりませんでした。

OT_ERROR_NOT_IMPLEMENTED

関数またはメソッドが実装されていません。

OT_ERROR_NOT_LOWPAN_DATA_FRAME

ローパン以外のデータフレームを受信した。

OT_ERROR_NOT_TMF

メッセージは TMF メッセージではありません。

OT_ERROR_NO_ACK

macMaxFrameRetries(IEEE 802.15.4-2006)以降は確認応答を受信していません。

OT_ERROR_NO_ADDRESS

ソースのマッチテーブルにアドレスが存在しません。

OT_ERROR_NO_BUFS

バッファが不足しています。

OT_ERROR_NO_FRAME_RECEIVED

受信したフレームがありません。

OT_ERROR_NO_ROUTE

経路がありません。

OT_ERROR_PARSE

メッセージを解析できませんでした。

OT_ERROR_PENDING

成功/エラー ステータスが保留中で、まだわからないことを示す特別なエラーコード。

OT_ERROR_REASSEMBLY_TIMEOUT

タイムアウトのため、メッセージが再構成リストから削除されている。

OT_ERROR_REJECTED

リクエストは承認されませんでした。

OT_ERROR_RESPONSE_TIMEOUT

Coap レスポンスまたは確認応答、または DNS、SNTP レスポンスが受信されていない。

OT_ERROR_SECURITY

セキュリティ チェックに失敗しました。

OT_ERROR_UNKNOWN_NEIGHBOR

不明な隣人からフレームを受信しました。

OT_NUM_ERRORS

定義されているエラーの数。

Typedef

otError

enum otError otError

この列挙型は、OpenThread 全体で使用されるエラーコードを表します。

Functions

otThreadErrorToString

const char * otThreadErrorToString(
  otError aError
)

この関数は、otError 列挙型を文字列に変換します。

詳細
パラメータ
[in] aError
otError 列挙型。
戻り値
otError の文字列表現。

リソース

OpenThread API リファレンスのトピックは、GitHub で入手可能なソースコードから作成されています。詳細やドキュメントについては、リソースをご覧ください。