Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

ロギング - スレッド スタック

このモジュールには、OpenThread のロギング関連の定義が含まれています。

概要

関数

otDumpCritPlat(const char *aText, const void *aData, uint16_t aDataLength)
void
この関数は、重要なログレベルでメモリダンプを生成します。
otDumpDebgPlat(const char *aText, const void *aData, uint16_t aDataLength)
void
この関数は、デバッグログ レベルでメモリダンプを生成します。
otDumpInfoPlat(const char *aText, const void *aData, uint16_t aDataLength)
void
この関数は、情報ログレベルでメモリダンプを生成します。
otDumpNotePlat(const char *aText, const void *aData, uint16_t aDataLength)
void
この関数は、メモのログレベルでメモリダンプを生成します。
otDumpWarnPlat(const char *aText, const void *aData, uint16_t aDataLength)
void
この関数は、警告ログレベルでメモリダンプを生成します。
otLogCli(otLogLevel aLogLevel, const char *aFormat, ...)
void
この関数は、特定のログレベルでログメッセージを出力します。
otLogCritPlat(const char *aFormat, ...)
void
この関数は、重要なログレベルでログメッセージを出力します。
otLogDebgPlat(const char *aFormat, ...)
void
この関数は、デバッグログ レベルでログメッセージを出力します。
otLogInfoPlat(const char *aFormat, ...)
void
この関数は、情報ログレベルでログメッセージを出力します。
otLogNotePlat(const char *aFormat, ...)
void
この関数は、ログレベルでログメッセージを出力します。
otLogWarnPlat(const char *aFormat, ...)
void
この関数は、警告ログレベルでログメッセージを出力します。
otLoggingGetLevel(void)
この関数は、現在のログレベルを返します。
otLoggingSetLevel(otLogLevel aLogLevel)
この関数はログレベルを設定します。

関数

otDumpCritPlat を含む

void otDumpCritPlat(
  const char *aText,
  const void *aData,
  uint16_t aDataLength
)

この関数は、重要なログレベルでメモリダンプを生成します。

OPENTHREAD_CONFIG_LOG_PLATFORM または OPENTHREAD_CONFIG_LOG_PKT_DUMP が設定されていない場合、または現在のログレベルが重大を下回っている場合、この関数はログメッセージを出力しません。

詳細
パラメータ
[in] aText
バイトの前に出力される文字列。
[in] aData
データバッファへのポインタ。
[in] aDataLength
aData のバイト数。

otDumpDebgPlat を含む

void otDumpDebgPlat(
  const char *aText,
  const void *aData,
  uint16_t aDataLength
)

この関数は、デバッグログ レベルでメモリダンプを生成します。

OPENTHREAD_CONFIG_LOG_PLATFORM または OPENTHREAD_CONFIG_LOG_PKT_DUMP が設定されていない場合、または現在のログレベルが debug を下回る場合、この関数はログメッセージを出力します。

詳細
パラメータ
[in] aText
バイトの前に出力される文字列。
[in] aData
データバッファへのポインタ。
[in] aDataLength
aData のバイト数。

otDumpInfoPlat を含む

void otDumpInfoPlat(
  const char *aText,
  const void *aData,
  uint16_t aDataLength
)

この関数は、情報ログレベルでメモリダンプを生成します。

OPENTHREAD_CONFIG_LOG_PLATFORM または OPENTHREAD_CONFIG_LOG_PKT_DUMP が設定されていない場合、または現在のログレベルが info を下回る場合、この関数はログメッセージを出力します。

詳細
パラメータ
[in] aText
バイトの前に出力される文字列。
[in] aData
データバッファへのポインタ。
[in] aDataLength
aData のバイト数。

otDumpNotePlat(OTDumpNotePlat)

void otDumpNotePlat(
  const char *aText,
  const void *aData,
  uint16_t aDataLength
)

この関数は、メモのログレベルでメモリダンプを生成します。

OPENTHREAD_CONFIG_LOG_PLATFORM または OPENTHREAD_CONFIG_LOG_PKT_DUMP が設定されていない場合、または現在のログレベルが下記の場合、この関数はログメッセージを出力しません。

詳細
パラメータ
[in] aText
バイトの前に出力される文字列。
[in] aData
データバッファへのポインタ。
[in] aDataLength
aData のバイト数。

otDumpWarnPlat

void otDumpWarnPlat(
  const char *aText,
  const void *aData,
  uint16_t aDataLength
)

この関数は、警告ログレベルでメモリダンプを生成します。

OPENTHREAD_CONFIG_LOG_PLATFORM または OPENTHREAD_CONFIG_LOG_PKT_DUMP が設定されていない場合、または現在のログレベルが警告を下回っている場合、この関数はログメッセージを出力しません。

詳細
パラメータ
[in] aText
バイトの前に出力される文字列。
[in] aData
データバッファへのポインタ。
[in] aDataLength
aData のバイト数。

OTLogCli

void otLogCli(
  otLogLevel aLogLevel,
  const char *aFormat,
  ...
)

この関数は、特定のログレベルでログメッセージを出力します。

この関数は CLI のみを対象としています。OPENTHREAD_CONFIG_LOG_CLI が設定されていない場合、または現在のログレベルが特定のログレベルを下回る場合、この関数はログメッセージを出力します。

詳細
パラメータ
[in] aLogLevel
ログレベル。
[in] aFormat
形式設定文字列。
[in] ...
形式仕様の引数。

otLogCritPlat

void otLogCritPlat(
  const char *aFormat,
  ...
)

この関数は、重要なログレベルでログメッセージを出力します。

この関数はプラットフォームで使用するためのものです。OPENTHREAD_CONFIG_LOG_PLATFORM が設定されていない場合、または現在のログレベルが重大を下回っている場合、この関数はログメッセージを出力しません。

詳細
パラメータ
[in] aFormat
形式設定文字列。
[in] ...
形式仕様の引数。

otLogDebgPlat

void otLogDebgPlat(
  const char *aFormat,
  ...
)

この関数は、デバッグログ レベルでログメッセージを出力します。

この関数はプラットフォームで使用するためのものです。OPENTHREAD_CONFIG_LOG_PLATFORM が設定されていない場合、または現在のログレベルが debug を下回る場合、この関数はログメッセージを出力しません。

詳細
パラメータ
[in] aFormat
形式設定文字列。
[in] ...
形式仕様の引数。

otLogInfoPlat

void otLogInfoPlat(
  const char *aFormat,
  ...
)

この関数は、情報ログレベルでログメッセージを出力します。

この関数はプラットフォームで使用するためのものです。OPENTHREAD_CONFIG_LOG_PLATFORM が設定されていない場合、または現在のログレベルが info 未満の場合、この関数はログメッセージを出力します。

詳細
パラメータ
[in] aFormat
形式設定文字列。
[in] ...
形式仕様の引数。

otLogNotePlat

void otLogNotePlat(
  const char *aFormat,
  ...
)

この関数は、ログレベルでログメッセージを出力します。

この関数はプラットフォームで使用するためのものです。OPENTHREAD_CONFIG_LOG_PLATFORM が設定されていない場合、または現在のログレベルがメモを下回っている場合、この関数はログメッセージを出力しません。

詳細
パラメータ
[in] aFormat
形式設定文字列。
[in] ...
形式仕様の引数。

otLogWarnPlat

void otLogWarnPlat(
  const char *aFormat,
  ...
)

この関数は、警告ログレベルでログメッセージを出力します。

この関数はプラットフォームで使用するためのものです。OPENTHREAD_CONFIG_LOG_PLATFORM が設定されていない場合、または現在のログレベルが警告を下回っている場合、この関数はログメッセージを出力しません。

詳細
パラメータ
[in] aFormat
形式設定文字列。
[in] ...
形式仕様の引数。

otLoggingGetLevel

otLogLevel otLoggingGetLevel(
  void
)

この関数は、現在のログレベルを返します。

動的ログレベル機能 OPENTHREAD_CONFIG_LOG_LEVEL_DYNAMIC_ENABLE が有効になっている場合、この関数は現在設定されている動的ログレベルを返します。それ以外の場合、この関数はビルド時に構成されたログレベルを返します。

詳細
戻り値
ログレベル。

otLoggingSetLevel

otError otLoggingSetLevel(
  otLogLevel aLogLevel
)

この関数はログレベルを設定します。

詳細
パラメータ
[in] aLogLevel
ログレベル。
戻り値
OT_ERROR_NONE
ログレベルを更新しました。
OT_ERROR_INVALID_ARGS
ログレベル値が無効です。

リソース

OpenThread API リファレンスのトピックは、GitHub で入手可能なソースコードに基づいています。 詳細またはドキュメントへの投稿については、リソースをご覧ください。