Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

Jam 検出

このモジュールには、信号ジャム検出機能が含まれています。

概要

このモジュールの関数は、ジャム検出機能(OPENTHREAD_CONFIG_JAM_DETECTION_ENABLE)が有効になっている場合に利用できます。

Typedef

otJamDetectionCallback)(bool aJamState, void *aContext) typedef
void(*
この関数ポインタは、シグナル Jam 検出が有効で、Jam が検出されると呼び出されます。

関数

otJamDetectionGetBusyPeriod(otInstance *aInstance)
uint8_t
Jam 検出ビジー期間(秒)を取得する
otJamDetectionGetHistoryBitmap(otInstance *aInstance)
uint64_t
現在の履歴ビットマップを取得します。
otJamDetectionGetRssiThreshold(otInstance *aInstance)
int8_t
Jam 検出の RSSI しきい値(dBm)を取得します。
otJamDetectionGetState(otInstance *aInstance)
bool
Jam 検出ステータスを取得します。
otJamDetectionGetWindow(otInstance *aInstance)
uint8_t
Jam 検出検出ウィンドウ(秒単位)を取得します。
otJamDetectionIsEnabled(otInstance *aInstance)
bool
Jam 検出ステータスを取得する(有効/無効)
otJamDetectionSetBusyPeriod(otInstance *aInstance, uint8_t aBusyPeriod)
Jam 検出ビジー期間(秒単位)を設定します。
otJamDetectionSetRssiThreshold(otInstance *aInstance, int8_t aRssiThreshold)
Jam 検出の RSSI しきい値(dBm)を設定します。
otJamDetectionSetWindow(otInstance *aInstance, uint8_t aWindow)
Jam 検出検出ウィンドウを秒単位で設定できます。
otJamDetectionStart(otInstance *aInstance, otJamDetectionCallback aCallback, void *aContext)
Jam 検出を開始します。
otJamDetectionStop(otInstance *aInstance)
故障の検出を停止します。

Typedef

otJamDetectionCallback

void(* otJamDetectionCallback)(bool aJamState, void *aContext)

この関数ポインタは、シグナル Jam 検出が有効で、Jam が検出されると呼び出されます。

詳細
パラメータ
[in] aJamState
現在の Jam の状態(Jam が検出された場合は true、それ以外の場合は false)。
[in] aContext
アプリケーション固有のコンテキストへのポインタ。

関数

otJamDetectionGetBusyPeriod

uint8_t otJamDetectionGetBusyPeriod(
  otInstance *aInstance
)

Jam 検出ビジー期間(秒)を取得する

詳細
パラメータ
[in] aInstance
OpenThread インスタンスへのポインタ。
戻り値
Jam 検出ビジー期間。

otJamDetectionGetHistoryBitmap

uint64_t otJamDetectionGetHistoryBitmap(
  otInstance *aInstance
)

現在の履歴ビットマップを取得します。

この値は、モニタリング/デバッグ目的で Jam 検出モジュールの現在の状態に関する情報を提供します。64 ビットの値を返します。各ビットは、最新の間隔ではビット 0 から最も古い間隔(63 秒前)でビット 63 で始まる 1 秒間隔に対応します。対応する 1 秒単位でジャンミング検出モジュールが高信号レベルを検出または検出した場合、ビットは 1 に設定されます。

詳細
パラメータ
[in] aInstance
OpenThread インスタンスへのポインタ。
戻り値
現在の履歴ビットマップ。

otJamDetectionGetRssiThreshold

int8_t otJamDetectionGetRssiThreshold(
  otInstance *aInstance
)

Jam 検出の RSSI しきい値(dBm)を取得します。

詳細
パラメータ
[in] aInstance
OpenThread インスタンスへのポインタ。
戻り値
Jam 検出の RSSI しきい値。

otJamDetectionGetState

bool otJamDetectionGetState(
  otInstance *aInstance
)

Jam 検出ステータスを取得します。

詳細
パラメータ
[in] aInstance
OpenThread インスタンスへのポインタ。
戻り値
Jam の検出状態(true の Jam が検出されます。それ以外の場合は false)。

otJamDetectionGetWindow

uint8_t otJamDetectionGetWindow(
  otInstance *aInstance
)

Jam 検出検出ウィンドウ(秒単位)を取得します。

詳細
パラメータ
[in] aInstance
OpenThread インスタンスへのポインタ。
戻り値
Jam 検出ウィンドウ。

otJamDetectionIsEnabled(有効、無効)

bool otJamDetectionIsEnabled(
  otInstance *aInstance
)

Jam 検出ステータスを取得する(有効/無効)

詳細
パラメータ
[in] aInstance
OpenThread インスタンスへのポインタ。
戻り値
Jam 検出ステータス(有効な場合は true、それ以外の場合は false)。

otJamDetectionSetBusyPeriod

otError otJamDetectionSetBusyPeriod(
  otInstance *aInstance,
  uint8_t aBusyPeriod
)

Jam 検出ビジー期間(秒単位)を設定します。

検出期間内で RSSI がしきい値を上回る必要がある集計期間の秒数。

詳細
パラメータ
[in] aInstance
OpenThread インスタンスへのポインタ。
[in] aBusyPeriod
Jam 検出ビジー期間(ゼロ以外の、Jam 検出ウィンドウ以下にしてください)
戻り値
OT_ERROR_NONE
ウィンドウを設定しました。
OT_ERROR_INVALID_ARGS
指定した入力は有効な範囲内にありません。

otJamDetectionSetRssiThreshold

otError otJamDetectionSetRssiThreshold(
  otInstance *aInstance,
  int8_t aRssiThreshold
)

Jam 検出の RSSI しきい値(dBm)を設定します。

詳細
パラメータ
[in] aInstance
OpenThread インスタンスへのポインタ。
[in] aRssiThreshold
RSSI のしきい値。
戻り値
OT_ERROR_NONE
しきい値を正常に設定しました。

otJamDetectionSetWindow

otError otJamDetectionSetWindow(
  otInstance *aInstance,
  uint8_t aWindow
)

Jam 検出検出ウィンドウを秒単位で設定できます。

詳細
パラメータ
[in] aInstance
OpenThread インスタンスへのポインタ。
[in] aWindow
Jam 検出ウィンドウ(有効な範囲は 1 ~ 63)
戻り値
OT_ERROR_NONE
ウィンドウを設定しました。
OT_ERROR_INVALID_ARGS
指定された入力パラメータが有効な範囲(1 ~ 63)内にありません

otJamDetectionStart

otError otJamDetectionStart(
  otInstance *aInstance,
  otJamDetectionCallback aCallback,
  void *aContext
)

Jam 検出を開始します。

詳細
パラメータ
[in] aInstance
OpenThread インスタンスへのポインタ。
[in] aCallback
Jam の状態の変化を通知する関数へのポインタ。
[in] aContext
アプリケーション固有のコンテキストへのポインタ。
戻り値
OT_ERROR_NONE
正常に検出されました。
OT_ERROR_ALREADY
すでに Jam の検出が開始されています。

otJamDetectionStop

otError otJamDetectionStop(
  otInstance *aInstance
)

故障の検出を停止します。

詳細
パラメータ
[in] aInstance
OpenThread インスタンスへのポインタ。
戻り値
OT_ERROR_NONE
正常に検出できませんでした。
OT_ERROR_ALREADY
Jam の検出はすでに停止しています。

リソース

OpenThread API リファレンスのトピックは、GitHub で入手できるソースコードに基づいています。 詳細については、ドキュメントをご覧ください。