Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

紙詰まりの検出

このモジュールには、信号妨害検出機能の機能が含まれています。

概要

このモジュールの機能は、 OPENTHREAD_CONFIG_JAM_DETECTION_ENABLE詰まり検出機能( OPENTHREAD_CONFIG_JAM_DETECTION_ENABLE )が有効になっている場合に使用できます。

Typedef

otJamDetectionCallback )(bool aJamState, void *aContext) typedef
void(*
この関数ポインタは、信号ジャム検出が有効で、ジャムが検出された場合に呼び出されます。

関数

otJamDetectionGetBusyPeriod ( otInstance *aInstance)
uint8_t
紙詰まり検出のビジー期間を取得します(秒単位)
otJamDetectionGetHistoryBitmap ( otInstance *aInstance)
uint64_t
現在の履歴ビットマップを取得します。
otJamDetectionGetRssiThreshold ( otInstance *aInstance)
int8_t
紙詰まり検出RSSIしきい値(dBm単位)を取得します。
otJamDetectionGetState ( otInstance *aInstance)
bool
紙詰まり検出状態を取得します。
otJamDetectionGetWindow ( otInstance *aInstance)
uint8_t
紙詰まり検出検出ウィンドウを取得します(秒単位)。
otJamDetectionIsEnabled ( otInstance *aInstance)
bool
紙詰まり検出ステータスの取得(有効/無効)
otJamDetectionSetBusyPeriod ( otInstance *aInstance, uint8_t aBusyPeriod)
紙詰まり検出のビジー期間(秒単位)を設定します。
otJamDetectionSetRssiThreshold ( otInstance *aInstance, int8_t aRssiThreshold)
紙詰まり検出RSSIしきい値(dBm単位)を設定します。
otJamDetectionSetWindow ( otInstance *aInstance, uint8_t aWindow)
紙詰まり検出検出ウィンドウを設定します(秒単位)。
otJamDetectionStart ( otInstance *aInstance, otJamDetectionCallback aCallback, void *aContext)
妨害検出を開始します。
otJamDetectionStop ( otInstance *aInstance)
妨害検出を停止します。

Typedef

otJamDetectionCallback

void(* otJamDetectionCallback)(bool aJamState, void *aContext)

この関数ポインタは、信号ジャム検出が有効で、ジャムが検出された場合に呼び出されます。

詳細
パラメーター
[in] aJamState
現在の紙詰まりの状態( true詰まりが検出された場合はtrue 、それ以外の場合はfalse )。
[in] aContext
アプリケーション固有のコンテキストへのポインタ。

関数

otJamDetectionGetBusyPeriod

uint8_t otJamDetectionGetBusyPeriod(
  otInstance *aInstance
)

紙詰まり検出のビジー期間を取得します(秒単位)

詳細
パラメーター
[in] aInstance
OpenThreadインスタンスへのポインタ。
戻り値
紙詰まり検出ビジー期間。

otJamDetectionGetHistoryBitmap

uint64_t otJamDetectionGetHistoryBitmap(
  otInstance *aInstance
)

現在の履歴ビットマップを取得します。

この値は、監視/デバッグの目的で妨害検出モジュールの現在の状態に関する情報を提供します。これは64ビット値を返します。各ビットは、最新の間隔のビット0と最も古い間隔(63秒前)のビット63から始まる1秒の間隔に対応します。対応する1秒の間隔中に妨害検出モジュールが高信号レベルを観測/検出した場合、ビットは1に設定されます。

詳細
パラメーター
[in] aInstance
OpenThreadインスタンスへのポインタ。
戻り値
現在の履歴ビットマップ。

otJamDetectionGetRssiThreshold

int8_t otJamDetectionGetRssiThreshold(
  otInstance *aInstance
)

紙詰まり検出RSSIしきい値(dBm単位)を取得します。

詳細
パラメーター
[in] aInstance
OpenThreadインスタンスへのポインタ。
戻り値
紙詰まり検出RSSIしきい値。

otJamDetectionGetState

bool otJamDetectionGetState(
  otInstance *aInstance
)

紙詰まり検出状態を取得します。

詳細
パラメーター
[in] aInstance
OpenThreadインスタンスへのポインタ。
戻り値
紙詰まり検出状態( true紙詰まりが検出され、それ以外の場合は「偽」)。

otJamDetectionGetWindow

uint8_t otJamDetectionGetWindow(
  otInstance *aInstance
)

紙詰まり検出検出ウィンドウを取得します(秒単位)。

詳細
パラメーター
[in] aInstance
OpenThreadインスタンスへのポインタ。
戻り値
紙詰まり検出ウィンドウ。

otJamDetectionIsEnabled

bool otJamDetectionIsEnabled(
  otInstance *aInstance
)

紙詰まり検出ステータスの取得(有効/無効)

詳細
パラメーター
[in] aInstance
OpenThreadインスタンスへのポインタ。
戻り値
紙詰まり検出ステータス(有効な場合はtrue、それ以外の場合はfalse)。

otJamDetectionSetBusyPeriod

otError otJamDetectionSetBusyPeriod(
  otInstance *aInstance,
  uint8_t aBusyPeriod
)

紙詰まり検出のビジー期間(秒単位)を設定します。

検出をトリガーするためにRSSIがしきい値を超えている必要がある検出ウィンドウ内の合計秒数。

詳細
パラメーター
[in] aInstance
OpenThreadインスタンスへのポインタ。
[in] aBusyPeriod
紙詰まり検出ビジー期間(ゼロ以外で、紙詰まり検出ウィンドウ以下である必要があります)
戻り値
OT_ERROR_NONE
ウィンドウを正常に設定しました。
OT_ERROR_INVALID_ARGS
指定された入力が有効な範囲内にありません。

otJamDetectionSetRssiThreshold

otError otJamDetectionSetRssiThreshold(
  otInstance *aInstance,
  int8_t aRssiThreshold
)

紙詰まり検出RSSIしきい値(dBm単位)を設定します。

詳細
パラメーター
[in] aInstance
OpenThreadインスタンスへのポインタ。
[in] aRssiThreshold
RSSIしきい値。
戻り値
OT_ERROR_NONE
しきい値を正常に設定しました。

otJamDetectionSetWindow

otError otJamDetectionSetWindow(
  otInstance *aInstance,
  uint8_t aWindow
)

紙詰まり検出検出ウィンドウを設定します(秒単位)。

詳細
パラメーター
[in] aInstance
OpenThreadインスタンスへのポインタ。
[in] aWindow
紙詰まり検出ウィンドウ(有効範囲は1〜63)
戻り値
OT_ERROR_NONE
ウィンドウを正常に設定しました。
OT_ERROR_INVALID_ARGS
指定された入力パラメーターが有効な範囲内にありません(1〜63)

otJamDetectionStart

otError otJamDetectionStart(
  otInstance *aInstance,
  otJamDetectionCallback aCallback,
  void *aContext
)

妨害検出を開始します。

詳細
パラメーター
[in] aInstance
OpenThreadインスタンスへのポインタ。
[in] aCallback
ジャミング状態の変化を通知するために呼び出される関数へのポインタ。
[in] aContext
アプリケーション固有のコンテキストへのポインタ。
戻り値
OT_ERROR_NONE
妨害検出を正常に開始しました。
OT_ERROR_ALREADY
紙詰まりの検出は以前に開始されています。

otJamDetectionStop

otError otJamDetectionStop(
  otInstance *aInstance
)

妨害検出を停止します。

詳細
パラメーター
[in] aInstance
OpenThreadインスタンスへのポインタ。
戻り値
OT_ERROR_NONE
妨害検出を正常に停止しました。
OT_ERROR_ALREADY
紙詰まりの検出はすでに停止しています。