Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

ファクトリー診断 - スレッド スタック

このモジュールには、スレッド スタックの実行を制御する関数が含まれています。

概要

関数

otDiagIsEnabled(otInstance *aInstance)
bool
この関数は、出荷時診断モードが有効になっているかどうかを示します。
otDiagProcessCmd(otInstance *aInstance, uint8_t aArgsLength, char *aArgs[], char *aOutput, size_t aOutputMaxLen)
この関数は、ファクトリ診断コマンドラインを処理します。
otDiagProcessCmdLine(otInstance *aInstance, const char *aString, char *aOutput, size_t aOutputMaxLen)
void
この関数は、ファクトリ診断コマンドラインを処理します。

関数

otDiagIsEnabled(通知有効)

bool otDiagIsEnabled(
  otInstance *aInstance
)

この関数は、出荷時診断モードが有効になっているかどうかを示します。

詳細
パラメータ
[in] aInstance
OpenThread インスタンスへのポインタ。
戻り値
TRUE
出荷時診断モードが有効になっている場合
FALSE
出荷時診断モードが無効になっている場合。

otDiagProcessCmd

otError otDiagProcessCmd(
  otInstance *aInstance,
  uint8_t aArgsLength,
  char *aArgs[],
  char *aOutput,
  size_t aOutputMaxLen
)

この関数は、ファクトリ診断コマンドラインを処理します。

この関数の出力(aOutput に書き込まれたコンテンツ)は \0 で終了しなければならず、\0 は出力バッファ内にあります。

詳細
パラメータ
[in] aInstance
OpenThread インスタンスへのポインタ。
[in] aArgsLength
aArgs 内の要素の数。
[in] aArgs
引数の配列。
[out] aOutput
診断の実行結果。
[in] aOutputMaxLen
出力バッファサイズ。
戻り値
OT_ERROR_INVALID_ARGS
コマンドはサポートされていますが、引数が無効です。
OT_ERROR_NONE
コマンドは正常に処理されました。
OT_ERROR_NOT_IMPLEMENTED
このコマンドはサポートされていません。

otDiagProcessCmdLine

void otDiagProcessCmdLine(
  otInstance *aInstance,
  const char *aString,
  char *aOutput,
  size_t aOutputMaxLen
)

この関数は、ファクトリ診断コマンドラインを処理します。

この関数の出力(aOutput に書き込まれたコンテンツ)は \0 で終了しなければならず、\0 は出力バッファ内にあります。

詳細
パラメータ
[in] aInstance
OpenThread インスタンスへのポインタ。
[in] aString
NULL で終わる入力文字列。
[out] aOutput
診断の実行結果。
[in] aOutputMaxLen
出力バッファサイズ。

リソース

OpenThread API リファレンスのトピックは、GitHub で入手できるソースコードに基づいています。 詳細については、ドキュメントをご覧ください。