Googleは、黒人コミュニティのための人種的衡平の促進に取り組んでいます。 方法をご覧ください。
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

otBorderRouterConfig

#include <netdata.h>

この構造は、ボーダールーター構成を表します。

概要

公開属性

mConfigure
bool
この境界ルーターが他の構成データを提供するDHCPv6エージェントである場合はTRUE。
mDefaultRoute
bool
このボーダールーターがmPrefixデフォルトルートである場合はTRUE。
mDhcp
bool
この境界ルーターがIPv6アドレス構成を提供するDHCPv6エージェントである場合はTRUE。
mDp
bool
このプレフィックスがスレッドドメインプレフィックスである場合はTRUE。
mNdDns
bool
この境界ルーターがND経由で取得したDNS情報を提供できる場合はTRUE。
mOnMesh
bool
この接頭辞がメッシュ上と見なされる場合はTRUE。
mPreference
signed int
RFC 4191で定義されているルーターの優先順位を示す2ビットの符号付き整数。
mPreferred
bool
mPrefixが優先される場合はTRUE。
mPrefix
IPv6プレフィックス。
mRloc16
uint16_t
境界エージェントRloc。
mSlaac
bool
アドレス自動mPrefixを使用する必要がある場合はTRUE。
mStable
bool
この構成が安定したネットワークデータと見なされる場合はTRUE。

公開属性

mConfigure

bool otBorderRouterConfig::mConfigure

この境界ルーターが他の構成データを提供するDHCPv6エージェントである場合はTRUE。

それ以外の場合はFALSE。

mDefaultRoute

bool otBorderRouterConfig::mDefaultRoute

このボーダールーターがmPrefixデフォルトルートである場合はTRUE。

それ以外の場合はFALSE。

mDhcp

bool otBorderRouterConfig::mDhcp

この境界ルーターがIPv6アドレス構成を提供するDHCPv6エージェントである場合はTRUE。

それ以外の場合はFALSE。

mDp

bool otBorderRouterConfig::mDp

このプレフィックスがスレッドドメインプレフィックスである場合はTRUE。

それ以外の場合はFALSE。

注:ドメインプレフィックスは、スレッド1.2以降に導入されました。

mNdDns

bool otBorderRouterConfig::mNdDns

この境界ルーターがND経由で取得したDNS情報を提供できる場合はTRUE。

それ以外の場合はFALSE。

mOnMesh

bool otBorderRouterConfig::mOnMesh

この接頭辞がメッシュ上と見なされる場合はTRUE。

それ以外の場合はFALSE。

mPreference

signed int otBorderRouterConfig::mPreference

RFC 4191で定義されているルーターの優先順位を示す2ビットの符号付き整数。

mPreferred

bool otBorderRouterConfig::mPreferred

mPrefixが優先される場合はTRUE。

それ以外の場合はFALSE。

mPrefix

 otIp6Prefix otBorderRouterConfig::mPrefix

IPv6プレフィックス。

mRloc16

uint16_t otBorderRouterConfig::mRloc16

境界エージェントRloc。

mSlaac

bool otBorderRouterConfig::mSlaac

アドレス自動mPrefixを使用する必要がある場合はTRUE。

それ以外の場合はFALSE。

mStable

bool otBorderRouterConfig::mStable

この構成が安定したネットワークデータと見なされる場合はTRUE。

それ以外の場合はFALSE。