Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

記憶

このモジュールには、動的メモリ割り当てのためのプラットフォームの抽象化が含まれています。

概要

関数

otPlatCAlloc (size_t aNum, size_t aSize)
void *
新しいメモリを動的に割り当てます。
otPlatFree (void *aPtr)
void
動的に割り当てられたメモリを解放します。

関数

otPlatCAlloc

void * otPlatCAlloc(
  size_t aNum,
  size_t aSize
)

新しいメモリを動的に割り当てます。

それをサポートするプラットフォームでは、callocにリダイレクトする必要があります。 callocをサポートしていない場合は、同じ機能をサポートする必要があります。

「calloc()関数は、それぞれメモリのサイズバイトであるカウントオブジェクトに十分なスペースを連続して割り当て、割り当てられたメモリへのポインタを返します。割り当てられたメモリは値ゼロのバイトで満たされます。」

この関数は、OPENTHREAD_CONFIG_HEAP_EXTERNAL_ENABLEに必要です。

詳細
パラメーター
[in] aNum
割り当てるブロックの数
[in] aSize
割り当てる各ブロックのサイズ
戻り値
void*
割り当てられたメモリの先頭へのポインタ
NULL
要求されたメモリの割り当てに失敗しました。

otPlatFree

void otPlatFree(
  void *aPtr
)

動的に割り当てられたメモリを解放します。

この関数は、OPENTHREAD_CONFIG_HEAP_EXTERNAL_ENABLEに必要です。

詳細
パラメーター
[in] aPtr
メモリが解放するためにブロックするポインタ。ポインタがNULLの場合があります。