グーグルは、ブラックコミュニティのための人種的資本を進めてまいります。 どのように参照してください。
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

otCoapTxParameters

#include <coap.h>

この構造はCoAP送信パラメータを表します。

概要

パブリック属性

mAckRandomFactorDenominator
uint8_t
ACK_RANDOM_FACTORの分母は、ACKが受信されない最初の再送の前に最大の間隔を計算するために使用される(ACK_RANDOM_FACTORのRFC7252デフォルト値は1.5であり、1以下に減少してはなりません)。
mAckRandomFactorNumerator
uint8_t
ACK_RANDOM_FACTORの分子は、ACKが受信されない最初の再送の前に最大の間隔を計算するために使用される(ACK_RANDOM_FACTORのRFC7252デフォルト値は1.5であり、1以下に減少してはなりません)。
mAckTimeout
uint32_t
ミリ秒単位のACKが受信されない最初の再送信、(RFC7252のデフォルト値は2000ミリ秒である)の前に最小間隔。
mMaxRetransmit
uint8_t
CoAP確認できるメッセージの再送信の最大数(RFC7252のデフォルト値は4です)。

パブリック属性

mAckRandomFactorDenominator

uint8_t otCoapTxParameters::mAckRandomFactorDenominator

ACK_RANDOM_FACTORの分母は、ACKが受信されない最初の再送の前に最大の間隔を計算するために使用される(ACK_RANDOM_FACTORのRFC7252デフォルト値は1.5であり、1以下に減少してはなりません)。

mAckRandomFactorNumerator

uint8_t otCoapTxParameters::mAckRandomFactorNumerator

ACK_RANDOM_FACTORの分子は、ACKが受信されない最初の再送の前に最大の間隔を計算するために使用される(ACK_RANDOM_FACTORのRFC7252デフォルト値は1.5であり、1以下に減少してはなりません)。

mAckTimeout

uint32_t otCoapTxParameters::mAckTimeout

ミリ秒単位のACKが受信されない最初の再送信、(RFC7252のデフォルト値は2000ミリ秒である)の前に最小間隔。

mMaxRetransmit

uint8_t otCoapTxParameters::mMaxRetransmit

CoAP確認できるメッセージの再送信の最大数(RFC7252のデフォルト値は4です)。