Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

otCoapTxParameters

#include <coap.h>

この構造は、CoAP送信パラメータを表します。

概要

注: mAckTimeout *((2 **(mMaxRetransmit + 1))-1)*(mAckRandomFactorNumerator / mAckRandomFactorDenominator)は、uint32_t(0xffffffff)で表現できる値を超えてはなりません。この制限により、OpenThreadは64ビット演算を回避できます。

パブリック属性

mAckRandomFactorDenominator
uint8_t
ACKが受信されないときに最初の再送信の前に最大間隔を計算するために使用されるACK_RANDOM_FACTORの分母(ACK_RANDOM_FACTORのRFC7252デフォルト値は1.5です。1未満に減らすことはできません)。
mAckRandomFactorNumerator
uint8_t
ACKが受信されない場合に最初の再送信の前に最大間隔を計算するために使用されるACK_RANDOM_FACTORの分子(ACK_RANDOM_FACTORのRFC7252デフォルト値は1.5です。1未満に減らすことはできません)。
mAckTimeout
uint32_t
ACKが受信されない場合の最初の再送信までの最小間隔(ミリ秒単位)(RFC7252のデフォルト値は2000ms)。
mMaxRetransmit
uint8_t
CoAP確認可能メッセージの再送信の最大数(RFC7252のデフォルト値は4)。

パブリック属性

mAckRandomFactorDenominator

uint8_t otCoapTxParameters::mAckRandomFactorDenominator

ACKが受信されないときに最初の再送信の前に最大間隔を計算するために使用されるACK_RANDOM_FACTORの分母(ACK_RANDOM_FACTORのRFC7252デフォルト値は1.5です。1未満に減らすことはできません)。

mAckRandomFactorNumerator

uint8_t otCoapTxParameters::mAckRandomFactorNumerator

ACKが受信されない場合に最初の再送信前の最大間隔を計算するために使用されるACK_RANDOM_FACTORの分子(ACK_RANDOM_FACTORのRFC7252デフォルト値は1.5です。1未満に減らすことはできません)。

mAckTimeout

uint32_t otCoapTxParameters::mAckTimeout

ACKが受信されない場合の最初の再送信までの最小間隔(ミリ秒単位)(RFC7252のデフォルト値は2000ms)。

mMaxRetransmit

uint8_t otCoapTxParameters::mMaxRetransmit

CoAP確認可能メッセージの再送信の最大数(RFC7252のデフォルト値は4)。