Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

otDnsTxtEntry

#include <dns.h>

この構造は、キーと値のペアを表すTXTレコードエントリを表します(RFC 6763-セクション6.3)。

概要

mKeyおよびmValue指す文字列バッファは、そのような構造体のインスタンスが( otSrpClientServiceインスタンスの一部として)OpenThreadに渡された後も存続し、変更されないままである必要があります。

otDnsTxtEntryエントリの配列は、完全なTXTレコード(エントリのリスト)を指定するためにotSrpClientService使用されます。

パブリック属性

mKey
const char *
TXTレコードのキー文字列。
mValue
const uint8_t *
TXTレコード値またはすでにエンコードされているTXT-DATA( mKeyによって異なりmKey )。
mValueLength
uint16_t
mValueバッファのバイト数。

パブリック属性

mKey

const char * otDnsTxtEntry::mKey

TXTレコードのキー文字列。

mKeyがNULLでない場合、それはnullで終了するC文字列でなければなりません。エントリは、値を提供するmValueバッファを備えたキー/値のペアとして扱われます。

  • エントリは次のようにエンコードされます。
    • 単一の文字列長のバイトとそれに続く「key = value」形式(引用符なし)。
    • この場合、エンコードされた全体の長さは255バイト以下である必要があります。
  • mValueがNULLの場合、キーはブール属性として扱われ、「キー」としてエンコードされます( = )。
  • mValueがNULLではなく、 mValueLengthがゼロの場合、空の値として扱われ、「key =」としてエンコードされます。

mKeyがNULLの場合、 mValueバッファはすでにエンコードされたTXT-DATAとして扱われ、DNSメッセージにそのまま追加されます。

mValue

const uint8_t * otDnsTxtEntry::mValue

TXTレコード値またはすでにエンコードされているTXT-DATA( mKeyによって異なりmKey )。

mValueLength

uint16_t otDnsTxtEntry::mValueLength

mValueバッファのバイト数。