Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

生のリンク

このモジュールには、生のリンク層構成を制御する関数が含まれています。

概要

Typedef

otLinkRawEnergyScanDone )(otInstance *aInstance, int8_t aEnergyScanMaxRssi) typedef
void(*
この関数ポインタは、IEEE802.15.4フレームを受信すると表示されます。
otLinkRawReceiveDone )(otInstance *aInstance, otRadioFrame *aFrame, otError aError) typedef
void(*
この関数ポインタは、IEEE802.15.4フレームを受信すると表示されます。
otLinkRawTransmitDone )(otInstance *aInstance, otRadioFrame *aFrame, otRadioFrame *aAckFrame, otError aError) typedef
void(*
この関数ポインタは、IEEE802.15.4フレームを受信すると表示されます。

関数

otLinkRawEnergyScan ( otInstance *aInstance, uint8_t aScanChannel, uint16_t aScanDuration, otLinkRawEnergyScanDone aCallback)
このメソッドは、無線でエネルギースキャンシーケンスを開始します。
otLinkRawGetCaps ( otInstance *aInstance)
無線機能を取得します。
otLinkRawGetPromiscuous ( otInstance *aInstance)
bool
この関数は、無差別モードのステータスを取得します。
otLinkRawGetRadioTime ( otInstance *aInstance)
uint64_t
無線チップの現在のプラットフォーム時間(64ビット幅)を取得します。
otLinkRawGetRssi ( otInstance *aInstance)
int8_t
最新のRSSI測定値を取得します。
otLinkRawGetTransmitBuffer ( otInstance *aInstance)
無線は送信から受信に移行します。
otLinkRawIsEnabled ( otInstance *aInstance)
bool
この関数は、生のリンク層が有効になっているかどうかを示します。
otLinkRawReceive ( otInstance *aInstance)
無線をスリープから受信に移行します。
otLinkRawSetMacFrameCounter ( otInstance *aInstance, uint32_t aMacFrameCounter)
現在のMACフレームカウンタ値を設定します。
otLinkRawSetMacKey ( otInstance *aInstance, uint8_t aKeyIdMode, uint8_t aKeyId, const otMacKey *aPrevKey, const otMacKey *aCurrKey, const otMacKey *aNextKey)
MACキーとキーインデックスを更新します。
otLinkRawSetPromiscuous ( otInstance *aInstance, bool aEnable)
この機能は、無差別モードを有効または無効にします。
otLinkRawSetReceiveDone ( otInstance *aInstance, otLinkRawReceiveDone aCallback)
この関数は、生のリンク層を有効/無効にします。
otLinkRawSetShortAddress ( otInstance *aInstance, uint16_t aShortAddress)
アドレスフィルタリングのショートアドレスを設定します。
otLinkRawSleep ( otInstance *aInstance)
ラジオを受信からスリープに移行します。
otLinkRawSrcMatchAddExtEntry ( otInstance *aInstance, const otExtAddress *aExtAddress)
ソースマッチテーブルに拡張アドレスを追加します。
otLinkRawSrcMatchAddShortEntry ( otInstance *aInstance, uint16_t aShortAddress)
ソースマッチテーブルに短いアドレスを追加します。
otLinkRawSrcMatchClearExtEntries ( otInstance *aInstance)
ソース一致テーブルからすべての拡張アドレスを削除します。
otLinkRawSrcMatchClearExtEntry ( otInstance *aInstance, const otExtAddress *aExtAddress)
無線の送信元一致テーブルへの拡張アドレスを削除します。
otLinkRawSrcMatchClearShortEntries ( otInstance *aInstance)
ソース一致テーブルからすべての短いアドレスを削除します。
otLinkRawSrcMatchClearShortEntry ( otInstance *aInstance, uint16_t aShortAddress)
ソースマッチテーブルへの短いアドレスを削除します。
otLinkRawSrcMatchEnable ( otInstance *aInstance, bool aEnable)
保留中のフレームのソース一致を有効/無効にします。
otLinkRawTransmit ( otInstance *aInstance, otLinkRawTransmitDone aCallback)
このメソッドは、無線で送信シーケンスを開始します。

Typedef

関数