Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

ねじ山の試運転

スレッド外部コミッショニング

OpenThread Border Router(OTBR)は、外部スレッドコミッショニングをサポートするスレッドボーダーエージェントを備えています。外部スレッドコミッショニングでは、スレッドネットワークの外部にあるデバイス(携帯電話など)が新しいデバイスをネットワークにコミッショニングします。

スレッドコミッショナーは、ユーザー(外部コミッショナー)またはスレッドデバイスをスレッドネットワーク上で認証する役割を果たします。認証後、コミッショナーは、ネットワークキーなどのスレッドネットワーククレデンシャルをデバイスに直接転送するようにボーダールーターに指示します。

これは帯域内コミッショニングの例であり、スレッドネットワークの資格情報が無線を介してデバイス間で転送されます。

このガイドでは、次の外部コミッショナーのいずれかを使用して、OTBR WebGUIによって作成および管理されるネットワークにOpenThreadデバイスをコミッショニングする方法について詳しく説明します。

外部委員ずにコミッションする方法については、参照スレッドを試運転

コミッショナータイプを選択

ボタンを使用して、コミッショナーのタイプに基づいてこのガイドをフィルタリングします。

選択:OTコミッショナーCLI

スレッドネットワークを形成する

Web GUI

スレッドのネットワークを形成するための推奨方法は、経由でOTBRのWeb GUI 。その際、オンメッシュプレフィックスを除いて、フォーム]メニューオプションのすべてのデフォルト値を変更します。

パスフレーズのメイク・ノートでは、使用していました。このパスフレーズはコミッショナーの資格情報であり、コミッショナー(PSKc)の事前共有キーを生成するために(拡張PAN IDおよびネットワーク名とともに)使用されます。 PSKcは、ネットワークに対してスレッドコミッショナー(外部デバイス)を認証するために必要です。

マニュアル

スレッドネットワークも使用して、OpenThread POSIXのコマンドラインに手動で形成することができるot-ctl

  1. 新しい運用データセットを初期化します。
    sudo ot-ctl dataset init new
    Done
    
  2. ネットワーク資格情報を設定します。
    sudo ot-ctl dataset panid 0xdead
    Done
    
    sudo ot-ctl dataset extpanid dead1111dead2222
    Done
    
    sudo ot-ctl dataset networkname OpenThreadGuide
    Done
    
    sudo ot-ctl dataset networkkey 11112233445566778899DEAD1111DEAD
    Done
    
  3. OTBRのPSKcジェネレーターツールでパスフレーズ(コミッショナー資格情報)、拡張PAN ID、およびネットワーク名を使用して、16進エンコードされたPSKcを生成します。運用データセットで使用されたのと同じ拡張PAN IDとネットワーク名を使用してください:
    cd ~/ot-br-posix/build/otbr/tools
    ./pskc J01NME DEAD1111DEAD2222 OpenThreadGuide
    198886f519a8fd7c981fee95d72f4ba7
  4. PSKcを設定します。
    sudo ot-ctl dataset pskc 198886f519a8fd7c981fee95d72f4ba7
    Done
    
  5. :アクティブなデータセットをコミットし、接頭辞をオンメッシュ、およびスレッドのネットワークを形成し
    sudo ot-ctl dataset commit active
    Done
    
    sudo ot-ctl prefix add fd11:22::/64 pasor
    Done
    
    sudo ot-ctl ifconfig up
    Done
    
    sudo ot-ctl thread start
    Done
    
    sudo ot-ctl netdata register
    Done
    
  6. ネットワーク構成を確認します。
    sudo ot-ctl state
    leader
    Done
    
    sudo ot-ctl pskc
    198886f519a8fd7c981fee95d72f4ba7
    Done
    

ジョイナーデバイスを準備します

ジョイナーとして機能するように、OpenThreadを使用してデバイスをビルドおよびフラッシュします。 OpenThread構築の概要については、参照ビルガイド

使用-DOT_JOINER=ONジョイナーの役割を有効にするために、ビルドオプション。

たとえば、ジョイナとして使用するCC2538サンプルプラットフォームを構築するには、次のようにします。

./script/build -DOT_JOINER=ON

GNU Autotool群でサポートされるプラットフォームの構築に関する具体的な手順は、各例の中に見つけることができるプラットフォームフォルダ)/例/プラットフォーム。

ジョイナデバイスの準備ができたら、工場で割り当てられたIEEEEUI-64を入手します。使用eui64 OpenThread CLIでコマンドを:

eui64
0000b57fffe15d68
Done

アプリをダウンロード

外部試運転がでサポートされていOT Commissioner CLIからダウンロードでき、 。

ボーダールーターに接続する

アプリボーダールーター
  1. 同一ネットワーク上の両方のデバイスでは、とのデバイスを接続OT Commissioner CLI 境界ルータへ。
  2. 開き OT Commissioner CLI 、利用可能なリストから希望境界ルータを選択します。名前は、OTBR WebGUIによって作成されたスレッドネットワークと同じです。
  3. パスワードの入力を求められたら、OTBR Web GUIで設定された(およびPSKcの生成に使用される)パスフレーズ(コミッショナー資格情報)を入力します。

ジョイナーにコミッションする

ボーダールーターに接続すると、アプリは接続QRコードをスキャンするか、手動で参加パスフレーズを入力するオプションを提供します。参加パスフレーズは、参加者資格情報とも呼ばれ、デバイスの事前共有キー(PSKd)を生成するために(拡張PAN IDおよびネットワーク名とともに)使用されます。次に、PSKdを使用して、スレッドコミッショニング中にデバイスを認証します。ジョイナークレデンシャルは、各デバイスに固有である必要があります。

スレッドコネクトQRコードは、次のテキスト文字列形式で作成されます。

v=1&&eui=0000b57fffe15d68&&cc=J01NU5

どこeuiジョイナーデバイスのEUI64値であり、 ccジョイナー資格です。このテキスト文字列をオンラインQRコードジェネレーターで使用して、スキャン用のQRコードを作成します。

アプリの試運転
  1. OT Commissioner CLI、ジョイナー装置の接続QRコードをスキャンする、または手動でEUI64とジョイナークレデンシャルを入力します。これにより、PSKdが生成され、スレッドネットワークを介してステアリングデータが伝播され、DTLSセッションが確立されます。
  2. アプリが待機している間に、JoinerデバイスでOpenThread CLIに入り、同じJoinerクレデンシャルでJoinerロールを開始します。
    ifconfig up
    Done
    joiner start J01NU5
    Done
  3. コミッショナーとジョイナーの間でDTLSハンドシェイクが完了するまで1分待ちます。
    
    Join success!
  4. OT Commissioner CLI また「で更新」確認メッセージ。

ジョイナーはスレッドネットワークの資格情報を取得し、ネットワークに参加できるようになりました。

ネットワークに参加する

ジョイナーデバイスで、スレッドプロトコルを開始して、ネットワークに自動的に参加します。

thread start
Done

しばらくしてから状態を確認してください。最初は子として起動する場合がありますが、2分以内にルーターにアップグレードする必要があります。

state
router
Done

デバイスのIPv6アドレスも確認してください。 OTBR WebGUIを介したスレッドネットワークの形成中に指定されたオンメッシュプレフィックスを使用したグローバルアドレスが必要です。

ipaddr
fdde:ad11:11de:0:0:ff:fe00:9400
fd11:22:0:0:3a15:3211:2723:dbe1
fe80:0:0:0:6006:41ca:c822:c337
fdde:ad11:11de:0:ed8c:1681:24c4:3562

外部インターネットにpingを実行します

パブリックIPv4アドレスにpingを実行して、スレッドネットワーク内のジョイナーデバイスと外部インターネット間の接続をテストします。

例えばの、周知のNAT64プレフィックス64:ff9b::/96とのIPv4アドレス8.8.8.8のIPv6アドレスを形成するために結合64:ff9b::808:808

NAT64プレフィックスの外部ルートを追加します。

sudo ot-ctl route add 64:ff9b::/96 s med
Done
sudo ot-ctl netdata register
Done

合成されたIPv6アドレスに対してping 64:ff9b::808:808ジョイナーデバイス上OpenThread CLIから:

ping 64:ff9b::808:808
16 bytes from 64:ff9b:0:0:0:0:808:808: icmp_seq=3 hlim=45 time=72ms