Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

認定テストケースの実行

テストケースを実行する前に、すべてのテストデバイス(ゴールデンおよびDUT)が、インストールされたGRLテストハーネスおよびハーネス自動化ツールを使用してWindowsマシンに接続されていることを確認してください。

ハーネス自動化ツールの使用

すべてのテストケースは、 tools/harness-automationディレクトリから実行されtools/harness-automation 。 2つの方法があります:

  • start.sh — Git forWindowsにバンドルされているBashを使用する
  • start.bat — Windowsコマンドライン(cmd)から

すべてのテストケースを実行するには:

バッシュ
./start.sh
Windowsコマンド
./start.bat

個々のテストケースを実行するには(名前では大文字と小文字が区別されます):

バッシュ
./start.sh Router_5_1_1 Leader_5_1_1
Windowsコマンド
./start.bat Router_5_1_1 Leader_5_1_1

GRLテストハーネスの使用

テストベッドが構成された後、DUTの選択された役割に基づいてテストケースのバッチが実行されます。 [テストの選択]セクションには、[テスト計画]で選択した役割で使用可能なすべてのテストケースが一覧表示されます。

OT認証テストハーネス

必要に応じてテストケースを選択し、緑色の再生ボタンをクリックして実行します。

手動テスト操作

テストハーネスは、一部のテストケースでユーザーに手動入力を求めるプロンプトを表示します。

ネットワーククレデンシャル

テストプランのセクション5、6、7、および9のテストケースでは、ネットワーク資格情報を帯域外で構成する必要があります。例えば:

デバイス起動時のパラメータ設定:

panid 0xface
Done
channel 20
Done
networkname GRL
Done
extpanid 000db80000000000
Done

インターフェイスを起動する前の「リーダーとしてのDUT」構成:

dataset activetimestamp 1
Done
dataset commit active
Done

「エンドデバイスとしてのDUT」構成:

mode rsn
Done

pollperiod 」構成。この構成では、 pollperiod (ミリ秒単位)がテストハーネスのデフォルトのSedPollingRateに設定されています。

mode s
Done
pollperiod 5000
Done

スレッドインターフェイスとスタックを起動します。

ifconfig up
Done
thread start
Done

コミッショナーの役割の設定

テスト計画のセクション8のテストケースの場合、コミッショナーの役割を構成します。

スレッドスタックを起動した後、コミッショナーを起動します。

commissioner start
Done

ステアリングデータを追加します。

commissioner joiner add eui64 THREADJPAKETEST 200

eui64は、 eui64コマンドを介して取得された工場で割り当てられたeui64 -64識別子です。 THREADJPAKETESTは、デバイスの事前共有キー(PSKd)を生成するために使用されるジョイナークレデンシャルです。ジョイナは、設定されたタイムアウト後にステアリングデータから削除されます。

8.2.xコミッショナーのテストケースでは、タイムアウト値として500を使用することをお勧めします。

スレッドインターフェイスを起動した後、 THREADJPAKETESTクレデンシャルのデフォルトであるTHREADJPAKETESTを使用して、 THREADJPAKETESTロールを開始します。

joiner start THREADJPAKETEST

指定されたプロビジョニングURLを使用して、スレッドインターフェイスを起動した後、Joinerロールを開始します。

joiner start THREADJPAKETEST www.threadgroup.org

その他の入力

テストハーネスは、他の手動操作を要求し、それらの操作で使用するための値(IPv6アドレスなど)を提供する場合があります。プロンプトが表示されたら、次のOpenThreadCLIコマンドを使用します。

促すCLIコマンド
拡張アドレスextaddr
IPv6アドレスipaddr
ジョイナファクトリのMACアドレスeui64
コミッショナーのプロビジョニングURLを設定しますcommissioner provisioningurl www.threadgroup.org
工場出荷時のリセットfactoryreset
すべてのTLVを取得するdataset mgmtgetcommand active address ipv6-address
ネットワークChannelMask(0x35)、MeshLocal ULAプレフィックス(0x07)、ネットワーク名(0x03)を取得しますdataset mgmtgetcommand active address ipv6-address binary 350703
ネットワークチャネル(0x00)、MeshLocal ULAプレフィックス(0x07)、ネットワーク名(0x03)、スキャン期間(0x38)、エネルギーリスト(0x39)を取得しますdataset mgmtgetcommand active address ipv6-address binary 0007033839

すべてのCLIコマンドのリストについては、 OpenThreadCLIリファレンスを参照してください。

認定のヒント

混合テストベッドのデバイス選択を有効にする

スレッド認定テストでは、ARM、NXP、Silicon Labs、およびOpenThreadのリファレンススタックを備えた混合テストベッドが使用されます。テストベッドトポロジは、 C:\GRL\Thread1.1\Thread_Harness\TestScripts\TopologyConfig.txtファイルで定義されています。

スレッドグループのATLとまったく同じ参照プラットフォームでテストケースを実行するためにデバイス選択を有効にするには、 C:\GRL\Thread1.1\Config\Configuration.iniファイルのEnableDeviceSelectionパラメーターをTrue C:\GRL\Thread1.1\Config\Configuration.iniます。

EnableDeviceSelection = True

RFシールド

テストケース9.2.9(リーダー、ルーター)および9.2.10(ルーター、ED1、SED1)の場合、正しいデバイスがRFシールドされていることを確認するために特別な注意が必要です。各テストに必要な役割ですべてのデバイスが構成されていると仮定します。

  1. Windowsマシンに接続されたNXPスニファーのみを使用してテストハーネスを起動します。これにより、テストハーネスによるデバイスの自動検出が回避されます。
  2. テストデバイスを1つずつ接続し、対応するシリアルポートをメモします。
  3. 次のデバイスグループのいずれかをRFシールドボックスに配置します。
    • テスト9.2.9の場合:
      • リーダー兼コミッショナー
      • Router1、Router2、およびSniffer
    • テスト9.2.10の場合:
      • リーダー兼コミッショナー
      • ルーター、ED、SED、およびスニファー
  4. テストハーネスの[テストベッド構成]ページで、テストケースに応じて、[テストベッド]セクションで次の並べ替え順序で各デバイスを構成します。
    RFシールドテストケースの最終的なデバイスの並べ替え順序
    9.2.9 1.ルーター2
    2.コミッショナー
    3.ルーター1
    4.リーダー
    9.2.10 1. SED
    2. ED
    3.ルーター1
    4.コミッショナー
    5.リーダー
    1. 既存のデバイスのテストベッドセクションをクリアします。
    2. 特定のテストケーストポロジに適したデバイスを、左側の[サポートされているハードウェア]セクションから右側の[テストベッド]セクションにドラッグします。最終的な並べ替え順序とは逆の順序でドラッグしてください。たとえば、テストケース9.2.9の場合、最初にLeaderをドラッグし、次にRouter1をドラッグします。間違ったデバイスをドラッグした場合は、[テストベッド]セクションのデバイスをクリアして、最初からやり直してください。
    3. [テストベッド]セクションで、各デバイスのシリアル番号またはIP情報を最終的な並べ替え順序で入力します。たとえば、テストケース9.2.9の場合、ドラッグ後、最初のデバイスはRouter2、2番目のデバイスはCommissionerというように続きます。
    4. [サポートされているハードウェア]リストの下にある[自動DUTデバイスの選択を有効にする]チェックボックスを選択します。
    5. DUTの[ SetasDUT ]ラジオボタンを選択します。
    6. [すべて接続]を選択して、デバイスの検出を開始します。
  5. テストケース(9.2.9または9.2.10)を実行します。テストハーネスの指示に従って、デバイスの各グループをシールドおよびシールド解除します。