Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

Silicon Labs

シリコンラボ

Silicon Labs は、よりスマートでコネクテッドな世界に向けてのシリコン、ソフトウェア、ソリューションのリーディング プロバイダです。受賞歴のあるテクノロジーは、モノのインターネット、インターネット インフラストラクチャ、産業用オートメーション、コンシューマー、自動車市場の未来を形作っています。

テキサス州オースティンに本社を置く Silicon Labs は、20 か国で 1,400 人以上のチームメンバーを擁し、パフォーマンス、省エネ、接続性、シンプルさに焦点を当てた製品を開発しています。

詳しくは、silabs.com をご覧ください。

Silicon Labs は、SoC の Wireless Gecko ファミリーで OpenThread をサポートし、OpenThread の継続的な開発に積極的に貢献しています。

EFR32MG12

サポート対象

スレッド認定

SoC の Mighty Gecko ファミリーは、エネルギー効率に優れ、ワイヤレスに接続された IoT デバイスの設計に最適です。

Wireless Gecko ポートフォリオの一部である Mighty Gecko は、2.4 GHz 802.15.4 Zigbee および Thread ネットワーク向けに設計されています。また、Bluetooth Low Energy と 2.4/サブ GHz ベースのプロプライエタリ プロトコルにも対応しており、簡略化したコミッショニングや追加のプロトコル機能に使用できます。

シングルダイ ソリューションは、業界最高水準のエネルギー効率、超高速ウェイクアップ時間、スケーラブルなパワーアンプ、妥協のない MCU 機能を備えており、バッテリ駆動のアプリケーションや高性能に適しています{101 }

EFR32MG12 は、シングル プロトコル ソリューションのマルチプロトコル 2.4 GHz RF トランシーバと、スケーラブルなメモリ オプション(最大 1 MB フラッシュおよび最大 256 kB RAM)を搭載した、Silicon Labs のエネルギー フレンドリーな Gecko MCU テクノロジーです。

Wireless Gecko ポートフォリオの一部である Mighty Gecko は、2.4 GHz 802.15.4 Zigbee および Thread ネットワーク向けに設計されています。また、Bluetooth Low Energy と 2.4/SubGHz ベースの独自のプロトコルにも対応しており、簡略化のコミッショニングや追加のプロトコル機能に使用できます。シングルダイ ソリューションは、業界最高水準のエネルギー効率、超高速ウェイクアップ時間、スケーラブルなパワーアンプ、妥協のない MCU 機能を備えており、バッテリ駆動のアプリケーションや高性能に最適です。

Gecko テクノロジーには、適切に設計されたエネルギー モード、超高速のウェイクアップ/スリープ遷移、Peripheral Reflex System(PRS)が含まれ、MCU コアがスリープしている間に低電力の周辺機器を自律的に動作させることができます。Gecko MCU は、強力な浮動小数点と DSP 機能を備えた ARM® Cortex®-M4 プロセッサをベースにしており、アクティブ モードで消費電力はわずか 63 μA/MHz です。Wireless Gecko SoC は、ソフトウェア プログラミング可能なパワーアンプ(PA)とバランを統合し、部品表(BOM)の費用と設計上の複雑さを軽減するとともに、-30 dBm から最大 30 dBm までのスケーラブルな出力電力を提供します。長距離接続を必要とするアプリケーションの場合は +19 dBm

EFR32MG12 で実行される OpenThread は、スレッド認定コンポーネントです。

Silicon Labs EFR32MG12

詳細

ThunderboardTM Sense 2

サンダーボードセンス 2

Thunderboard Sense 2 は、機能を搭載したコンパクトな開発プラットフォームです。バッテリー式ワイヤレス センサーノードなどの IoT 製品の開発とプロトタイプ作成にかかる時間を短縮できます。

EFR32MG13

サポート対象

スレッド認定

EFR32MG13 SoC は、電池式でエネルギーに優しい Zigbee および Thread IoT デバイスの設計に最適です。EFR32MG13 デバイスには、Bluetooth Low Energy とサブ GHz 独自のプロトコルのサポートも含まれています。

エネルギー効率の高いシングルダイ ソリューションは、超高速のウェイクアップ時間、スケーラブルな電力アンプ、512 フラッシュ、64 RAM、豊富な周辺機器セットを備えた 40 MHz ARM® Cortex®-M4 マイクロコントローラ(MCU)を備えています。

信頼性の高い堅牢な通信は、最大 +19 dBm の出力電力を提供できるプログラム可能なパワーアンプと、-102.7 dBm の感度の受信機でサポートされています。

EFR32MG13 は、低消費電力の Gecko テクノロジー(革新的な低エネルギー技術、高速ウェイクアップ時間、省エネモードなど)を使用して構築されたため、全体的な消費電力を削減し、電池寿命を最大化します。

EFR32MG13 で実行される OpenThread は、スレッド認定コンポーネントです。

Silicon Labs EFR32MG13

詳細

EFR32MG21

サポート対象

スレッド認定

Wireless Gecko Series 2 デバイスは、Silicon Labs が開発したワイヤレス Gecko デバイスを進化させた製品です。Series 2 は、今後の IoT プロダクトに必要とされる高いレベルのセキュリティを提供しながら、処理能力の向上、RF パフォーマンスの向上、アクティブ電流の減少を実現するように設計されています。

EFR32MG21 Series 2 デバイスは、接続された照明、ゲートウェイ、音声アシスタント、スマート メータリングなど、ライン電源 Zigbee、Thread、Bluetooth メッシュ アプリケーション向けに最適化された 2.4 GHz ワイヤレス SoC です。80 MHz ARM® Cortex®-M33 コアは多くの処理機能を提供しますが、専用のセキュリティ コアは、暗号化、セキュアブート読み込み、デバッグ アクセス制御を高速化します。EFR32MG21 は、802.15.4 と Bluetooth 長距離の両方に対して -104 を超える感度と最大 +20 dBm の出力電力を備え、信頼性の高い RF リンクを提供します。Series 2 は Series 1 と同じツールを使用し、開発キット、SDK、モバイルアプリ、特許取得済みの Silicon Labs によるネットワーク アナライザで簡単に移行と市場投入までの時間を短縮します。

EFR32MG21 で実行される OpenThread は、スレッド認定コンポーネントです。

Silicon Labs EFR32MG21

詳細