Googleは、黒人コミュニティのための人種的衡平の促進に取り組んでいます。 方法をご覧ください。
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

子供の監督

スリープ状態のエンドデバイス(SED)が親ルーター(親ルーターの子テーブルにリストされている)にまだ接続されていることを確認するためのエネルギー効率の良いメカニズムを提供するには、子監視機能を有効にします。

スレッド仕様では、SEDが接続を確認するために、親ルーターとのMLE子更新要求および応答交換を定期的に実行する必要があります。チャイルドスーパービジョンは、SEDルー​​ターの接続を検証するための代替ソリューションであり、エネルギーに制約のあるSEDではなく親ルーターにメッセージ送信の負担をかけます。

使い方

この機能は、ノードタイプと設定されているパラメータに応じて、2つの方法で機能します。

親に

親ルーターがOPENTHREAD_CONFIG_CHILD_SUPERVISION_INTERVAL内で子SEDに送信しない場合、親ルーターは子管理メッセージをOPENTHREAD_CONFIG_CHILD_SUPERVISION_INTERVALして子SEDに送信します。 Child Supervisionメッセージは、次の情報を含むMACフレームです。

  • MACヘッダーの宛先としてのSEDのRLOC16
  • 空のペイロード。

デフォルトでは、MACヘッダーには802.15.4 ACK要求が含まれています。子監視メッセージでこの要求を無効にするには、 OPENTHREAD_CONFIG_CHILD_SUPERVISION_MSG_NO_ACK_REQUESTパラメータを1に設定します。

子供について

SEDがOPENTHREAD_CONFIG_CHILD_SUPERVISION_CHECK_TIMEOUT内に親ルーターからのOPENTHREAD_CONFIG_CHILD_SUPERVISION_CHECK_TIMEOUTがない場合、SEDは親ルーターへの接続を失ったとOPENTHREAD_CONFIG_CHILD_SUPERVISION_CHECK_TIMEOUTMLE接続プロセスを開始して親ルーターに再接続します。

有効にする方法

この機能はデフォルトで無効になっています。

定義する

子供の監督を有効にするには、定義OPENTHREAD_CONFIG_CHILD_SUPERVISION_ENABLE通り1/src/core/config/child_supervision.h前に、ファイルOpenThreadを構築します

#ifndef OPENTHREAD_CONFIG_CHILD_SUPERVISION_ENABLE
#define OPENTHREAD_CONFIG_CHILD_SUPERVISION_ENABLE 1
#endif

スイッチで

また、使用CHILD_SUPERVISION=1時にビルドスイッチをOpenThreadを構築します

 make -f examples/Makefile- <platform> CHILD_SUPERVISION=1 

パラメーター

この機能をカスタマイズするには、 /src/core/config/child_supervision.hの次のパラメーターを使用します。

パラメーター
OPENTHREAD_CONFIG_CHILD_SUPERVISION_INTERVAL
デフォルト値
129秒
説明
親が使用する監視間隔を秒単位で指定します。親の監視プロセスを無効にするには、0に設定します。
OPENTHREAD_CONFIG_SUPERVISION_CHECK_TIMEOUT
デフォルト値
190秒
説明
子状態のデバイスで使用される監視チェックタイムアウト間隔を秒単位で指定します。子の監視チェックプロセスを無効にするには、0に設定します。
OPENTHREAD_CONFIG_SUPERVISION_MSG_NO_ACK_REQUEST
デフォルト値
0(ACK要求が有効)
説明
監視メッセージのMACヘッダーの802.15.4 ACK要求をクリア/無効にするには、1に設定します。

API

Child Supervision APIを使用して、OpenThreadアプリケーションで直接監視を管理し、タイムアウト間隔を確認します。

CLI

この機能に関連するCLIコマンドはありません。