Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

OpenThreadを構築する

GitHubでソースを表示

OpenThreadを構築する方法

OpenThreadを構築する手順は、ツールチェーン、ユーザーマシン、およびターゲットプラットフォームによって異なります。

最も一般的なワークフローは次のとおりです。

  1. ビルド環境をセットアップし、目的のツールチェーンをインストールします。
    1. マシン上で直接ビルドするには、参照のシミュレーションコードラボの詳細な手順については、
    2. 、事前に構成された環境でドッカーコンテナを使用し、ダウンロードしてOpenThread実行するには、 environment画像:
      docker pull openthread/environment:latest
      docker run -it --rm openthread/environment bash
      
  2. 選択した環境内で、プラットフォーム固有のOpenThreadGitリポジトリのクローンを作成します。例としてCC2538を取る:
    git clone https://github.com/openthread/ot-cc2538.git --recursive
    
  3. 複製されたリポジトリのルートディレクトリから:
    1. ツールチェーンをインストールします。
      ./script/bootstrap
      
    2. コンフィギュレーションを構築する:
      ./script/build platform-specific-args cmake-options
      
  4. 目的のバイナリをターゲットプラットフォームにフラッシュします。すべての生成されたバイナリはに位置してい./build/bin

構成

ビルドプロセス中に、さまざまな機能と動作のためにOpenThreadを構成できます。使用可能な構成オプションの詳細は、次の場所にあります。

タイプ位置
コンパイル時の定数内のすべてのヘッダファイルに記載されている/src/core/config
cmakeビルドオプション記載されているopenthread/examples/README.md

ビルド例

プラットフォームの機能を有効にするには、cmakeビルドオプションを使用します。たとえば、コミッショナーとジョイナーのサポートを有効にしてCC2538プラットフォームのバイナリを構築するには、次のようにします。

./script/build -DOT_COMMISSIONER=ON -DOT_JOINER=ON

それとも、とnRF52840プラットフォームを構築するジャム検出機能のレポで有効:

./script/build nrf52840 UART_trans -DOT_JAM_DETECTION=ON

バイナリ

以下のバイナリがで生成され./build/binビルドプロセスから。バイナリが生成されるかを決定するために、とのフラグを使用./script/buildコマンド。たとえば、OpenThreadをビルドし、FTDCLIバイナリのみを生成するには次のようにします。

./script/build -DOT_APP_CLI=ON -DOT_FTD=ON -DOT_MTD=OFF -DOT_APP_NCP=OFF -DOT_APP_RCP=OFF -DOT_RCP=OFF
バイナリ説明オプション
ot-cli-ftd SoC設計用のフルスレッドデバイス-DOT_APP_CLI=ON
-DOT_FTD=ON
ot-cli-mtd SoC設計用の最小スレッドデバイス-DOT_APP_CLI=ON
-DOT_MTD=ON
ot-ncp-ftdネットワークコプロセッサー(NCP)設計用のフルスレッドデバイス-DOT_APP_NCP=ON
-DOT_FTD=ON
ot-ncp-mtd NCP設計用の最小スレッドデバイス-DOT_APP_NCP=ON
-DOT_MTD=ON
ot-rcp無線コプロセッサー(RCP)の設計-DOT_APP_RCP=ON
-DOT_RCP=ON

デフォルトでは、上記のすべてのフラグが有効になっています。あなたが明示的にすべてのフラグを無効にした場合、アプリケーションが構築されていませんが、OpenThreadライブラリファイルがまだで生成され./build/libプロジェクトで使用するために。

各プラットフォームのMakefileの例をチェックして、各プラットフォームがサポートするフラグを確認してください。 FTDsとのMTDの詳細については、参照スレッドプライマーを。 SOCとNCPの設計の詳細については、参照プラットフォーム

これらのバイナリをフラッシュするプロセスは、プラットフォームの例によって異なります。各プラットフォームの中にREADMEファイルを参照してください例フォルダを詳細な手順について。

OpenThreadデーモン

OpenThreadデーモン(OTデーモン)は、OpenThreadをサービスとして実行し、RCP設計で使用されるOpenThreadPOSIXビルドモードです。構築し、それを使用する方法の詳細については、 OpenThreadデーモン

サポートパッケージを作成する

ビルド・サポート・パッケージ(BSPが)で発見され/third_party 。場合のBSPは、各プラットフォーム上OpenThreadによって使用される追加のサードパーティのコードであり、一般的に含まれるOpenThreadを移植する新しいハードウェアプラットフォームに。