Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

OpenThread を新しいハードウェア プラットフォームに移植

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

GitHub でソースを見る

OpenThread スタックを新しいハードウェア プラットフォームに移植する手順は次のとおりです。

  1. ビルド環境を設定する
  2. CMake ルールを定義する
  3. Platform Abstraction Layer API を実装する
  4. 高度な機能を実装する(Hardware Abstraction Layer)
  5. ポートを検証する
  6. 認定資格と README

ハードウェア プラットフォームの要件

OpenThread には、次のプラットフォーム サービスが必要です。

  • IEEE 802.15.4-2006 2.4 GHz 無線
    • IEEE 802.15.4 フレームを送受信する
    • IEEE 802.15.4 確認フレームを生成する
    • 受信フレームに対する受信信号強度インジケーター(RSSI)の測定値を提供する
  • ミリ秒単位の分解能のある自走タイマー(アラーム付き)
  • ネットワーク構成設定を保存するための不揮発性ストレージ
  • 真の乱数ジェネレータ(TRNG)

ビルドの例

OpenThread リポジトリには、いくつかのサンプルビルドが用意されています。詳細については、プラットフォームをご覧ください。

作業ポートの例については、ot-cc2538ot-efr32ot-nrf528xx をご覧ください。ot-cc2538 は単一のプラットフォームのみを実装しているため、開始することをおすすめします。ot-efr32ot-nrf528xx は、複数のプラットフォームのサポートを実装するため、やや複雑になります。