Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

OpenThread 境界ルーター ウェブ GUI

GitHub でソースを見る

OpenThread Border Router(OTBR)ウェブ GUI を使用して、スレッド ネットワークの構成と構成、参加、ステータスの確認を行います。

ウェブ GUI へのアクセス

ブラウザ ウィンドウで OTBR のローカル IPv4 アドレスにアクセスして、ウェブ GUI にアクセスします。詳細については、Raspberry Pi の IP アドレスのページをご覧ください。

OTBR ウェブ GUI ホーム

スレッド ネットワークに参加する

[参加] メニュー オプションを使用して、既存の Thread ネットワークをスキャンし、参加します。

スレッド ネットワークを形成する

[フォーム] メニューのオプションを使用して新しい Thread ネットワークを作成します。

  1. [Thread] ページのすべてのデフォルト値(On-Mesh プレフィックスを除く)を置き換え、スレッド ネットワークの安全性を確保します。
  2. [フォーム] を選択します。
  3. ネットワーク フォームが形成されたら、ステータス メニュー オプションを確認して確定します。

次に、wpan0 インターフェースで、ネットワークの作成時に On-Mesh Prefix が設定されたグローバル IPv6 アドレスを確認します。

ifconfig wpan0
wpan0: flags=4305<UP,POINTOPOINT,RUNNING,NOARP,MULTICAST>  mtu 1280
    inet6 fdde:ad11:11de:0:74d0:6fc9:6be6:3582  prefixlen 64  scopeid 0x0<global>
    inet6 fe80::287f:87ca:f4b3:498a  prefixlen 64  scopeid 0x20<link>
    inet6 fd11:22::287f:87ca:f4b3:498a  prefixlen 64  scopeid 0x0<global>

子ノードは、オンメッシュ接頭辞のグローバル アドレス(例: fd11:22::287f:87ca:f4b3:498a)を使用して、トラフィックの転送を担当する Border Router を識別します。ネットワーク その他のアドレスは、スレッド ネットワーク内のこのノードのメッシュ ローカル IPv6 アドレスとリンクローカル IPv6 アドレスに対応します。

ステータスを確認する

[ステータス] メニュー オプションは、Thread ネットワークのステータス情報を表示します。