Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

OpenThreadボーダールーターWeb GUI

OpenThreadボーダールーター(OTBR)Web GUIを使用して、スレッドネットワークのステータスを構成、形成、参加、または確認します。

Web GUIにアクセスする

OTBRがWi-Fiアクセスポイントとして機能している場合は、OTBR アクセスポイントに接続し、そのセットアップ中に構成された静的wlan0 IPv4アドレスにアクセスして、Web GUIにアクセスします。

OTBRがWi-Fiアクセスポイントとして機能していない場合:

  1. ネットワークアドレス変換がOTBR用に構成されていることを確認します。
  2. ブラウザーウィンドウでOTBRのローカルIPv4アドレスにアクセスして、Web GUIにアクセスします。
OTBR Web GUIホーム

スレッドネットワークに参加する

[ 参加 ]メニューオプションを使用して、既存のスレッドネットワークをスキャンして参加します。

スレッドネットワークを形成する

[ フォーム ]メニューオプションを使用して、新しいスレッドネットワークを作成します。

  1. 安全なスレッドネットワークを確保するために、[On-Mesh Prefix]を除いて、[Form]ページのすべてのデフォルト値を置き換えます。
  2. FORMを選択します。
  3. ネットワークが形成されたら、[ ステータス ]メニューオプションをチェックして確認します。
  4. ネットワーク形成中にオンメッシュプレフィックスが設定されたグローバルIPv6アドレスのwpan0インターフェイスを確認します。
     ifconfig wpan0
    wpan0: flags=4305<UP,POINTOPOINT,RUNNING,NOARP,MULTICAST>  mtu 1280
        inet6 fdde:ad11:11de:0:74d0:6fc9:6be6:3582  prefixlen 64  scopeid 0x0<global>
        inet6 fe80::287f:87ca:f4b3:498a  prefixlen 64  scopeid 0x20<link>
        inet6 fd11:22::287f:87ca:f4b3:498a  prefixlen 64  scopeid 0x0<global>
    On-Mesh Prefixグローバルアドレスは、子ノードがトラフィックをネットワークから転送するボーダールーターを識別するために使用されます。他のアドレスは、スレッドネットワーク内のこのノードのメッシュローカルおよびリンクローカルIPv6アドレスに対応します。

ステータスを確認する

[ ステータス ]メニューオプションには、スレッドネットワークのステータス情報が表示されます。