Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

ツールとスクリプト

GitHubでソースを表示

OpenThread Border Router(OTBR)には、テスト目的で使用できるさまざまなツールとスクリプトが含まれています。

PSKcジェネレーター

pskcコミッショナー(PSKc)のための事前共有鍵を生成します。 PSKcは、スレッドネットワークに対して外部のスレッドコミッショナーを認証するために使用されます。このツールを使用するには、OTBRをビルドしてインストールします。

構築した後、 pskcに位置しています/ot-br-posix/tools

パラメーター

PSKcは、次のパラメーターから生成されます。

  • コミッショナーの資格
  • スレッドネットワーク拡張PANID
  • スレッドネットワーク名

使用法

構文:

pskc commissioner-credential extpanid network-name

例:

./pskc J01NME 1234AAAA1234BBBB MyOTBRNetwork
ee4fb64e9341e13846bbe7e1c52b6785

参照してください雄ねじが試運転でこのツールを使用する方法についてはot-ctl

ステアリングデータジェネレーター

steering-data試運転を意図ジョイナの組のハッシュを生成するためにブルームフィルタを使用します。試運転中、ジョイナーは、ジョイナー自体を含むステアリングデータをアドバタイズするネットワークのみを検索します。このツールを使用するには、OTBRをビルドしてインストールします。

建物の後、 steering-dataに位置しています/ot-br-posix/tools

パラメーター

ステアリングデータは、次のパラメータから生成されます。

  • ジョイナーID(EUI-64)
  • ステアリングデータのバイト長(オプション、デフォルトは16)

使用法

構文:

steering-data [length] joiner-id

例:

./steering-data 0000b57fffe15d68
00000000000000000020000000000100

複数のジョイナーIDを使用して、それらすべてをステアリングデータに含めます。

./steering-data 0000b57fffe15d68 0000c57fffe15d68
00000000000080000020000000000500

使用するlength結果として、ステアリングデータのバイト長を変更するには、パラメータを:

./steering-data 8 0000b57fffe15d68
0020000000000100

OTBRコミッショナー

使用otbr-commissioner 、コマンドラインからスレッドデバイスを委員会に。このツールは、継続的インテグレーション中のMeshCop(メッシュコミッショニングプロトコル)テストで使用されます。このツールを使用するには、OTBRをビルドしてインストールします。

構築した後、 otbr-commissionerに位置しています/src/commissioner

パラメーター

首尾コミッショナーとスレッドのデバイスにotbr-commissioner 、我々は最低でも次のパラメータを使用することをお勧め:

パラメーター
ネットワークの詳細
--network-name
スレッドネットワーク名。
--network-password
コミッショナーの資格。
--xpanid
拡張PANIDをスレッド化します。
ジョイナーの詳細
--joiner-eui64
ジョイナデバイスの工場で割り当てられたIEEEEUI-64。
--joiner-pskd
ジョイナークレデンシャル。
エージェントの詳細
--agent-host
mDNSブロードキャストからのエージェントIPアドレス。
--agent-port
mDNSブロードキャストからのエージェントポート。

使用--helpパラメータの完全なリストについて。

使用法

./otbr-commissioner --network-name MyOTBRNetwork --network-password J01NME --xpanid 1234AAAA1234BBBB --joiner-eui64 0000b57fffe15d68 --joiner-pskd J01NU5 --agent-host 192.168.1.2 --agent-port 49191

シェルスクリプト例えば、参照meshcopテストスクリプトを

スタンドアロン_ipv6スクリプト

使用standalone_ipv6テストまたは開発環境が利用できる完全なIPv6インフラストラクチャを持っていない場合、テストIPv6機能にスクリプトを(例えば、ネットワークが上流のIPv6プロバイダに接続されていない場合)。

このスクリプトは、OTBRを実行しているプラ​​ットフォームに追加機能をインストールして、デバイスがIPv6アドレスを提供できるようにします。

このスクリプトは次の場所にあります。 /ot-br-posix/script/standalone_ipv6