Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

認定の前提条件

GRLテストハーネスを使用してOpenThreadコンポーネントまたは製品で認定テストを実行するには、次の要件を満たしていることを確認してください。

スレッドグループのメンバーシップ

GRLスレッドテストハーネスソフトウェアをダウンロードして使用したり、認定のためにコンポーネントや製品を提出したりするには、スレッドグループにコントリビューターまたはスポンサーメンバーシップが必要です。

移植

OpenThreadは、認定の対象となるプラットフォームに正常に移植される必要があります。詳細については、 『 Porting Guide』を参照してください。

ビルドオプション

以下のビルドオプションは、認証テストに関係するテスト対象デバイス(DUT)に必要です。

  • BORDER_ROUTER
  • COMMISSIONER (フルスレッドデバイス(FTD)のみ)
  • DHCP6_CLIENT (オプション)
  • JOINER

スレッド1.1.1仕様のセクション8は、安全な認証、試運転、および新しい信頼できない無線デバイスのメッシュネットワークへの参加のための帯域内メッシュ試運転プロトコル(MeshCoP)を定義しています。帯域内試運転テストケースにMeshCoPを使用するには、コミッショナーとジョイナーの役割を有効にする必要があります。

OpenThreadは基本的なDHCPv6サポートを提供しますが、DHCPv6はスレッド1.1.1仕様にオプションとしてリストされています。 DHCPv6クライアント機能を使用する3つのテストケース:5.2.5(REED)、5.3.8(リーダー)、および5.3.9(ルーター)。アプリケーションでDHCPv6を使用している場合は、ビルドでDHCPv6を有効にします。

たとえば、認証テストでDUTとして使用するためにDHCPv6を使用してCC2538プラットフォームを構築するには、次のようにします。

make -f examples/Makefile-cc2538 BORDER_ROUTER=1 COMMISSIONER=1 DHCP6_CLIENT=1 JOINER=1

構成およびビルドオプションの使用方法の詳細については、ビルドガイドを参照してください。

参照スタックビルドオプション

認定テストに関係する参照スタックには、次のビルドオプションが必要です。

  • BORDER_ROUTER
  • COMMISSIONER
  • DHCP6_CLIENT
  • DHCP6_SERVER
  • JOINER
  • MAC_FILTER
  • REFERENCE_DEVICE

たとえば、認証テストで参照スタックとして使用するCC2538を構築するには、次のようにします。

make -f examples/Makefile-cc2538 BORDER_ROUTER=1 COMMISSIONER=1 \
     DHCP6_CLIENT=1 DHCP6_SERVER=1 JOINER=1 MAC_FILTER=1 REFERENCE_DEVICE=1

ハードウェア

  • OpenThread 1.1またはテストハーネスでサポートされている別のスレッド実装を実行している32個のスレッド参照デバイス( TI CC2538ボードを使用)
  • テストハーネスが提供するスニファーファームウェアを実行するNXP / Freescale Sniffer USB-KW24D512
  • OpenThread 1.1を実行しているDUT(認証しているデバイス)
  • 次のテストケース用のRFシールドボックス:
    • 5.6.7(リード)
    • 6.3.2(MED、SED)
    • 9.2.9(リーダー、ルーター)
    • 9.2.10(ルーター、ED1、SED1)
  • 少なくとも35台のデバイスをサポートするのに十分なUSBハブ(32台の参照デバイス+2台のスニファー+1台のDUT)
  • テストハーネスソフトウェアを実行するためのWindowsマシン

ソフトウェア

GRLスレッドテストハーネスは、すべての認証テストに必要です。

次のステップ

すべての前提条件が満たされると、認定テストの準備が整います。

認定テストを自動化するには、追加のセットアップが必要です。詳細については、自動化のセットアップを参照してください。

認定テストを手動で実行するには、GRLテストハーネスの使用を参照してください。