Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

認定の前提条件

GRLテストハーネスを使用してOpenThreadコンポーネントまたは製品で認定テストを実行するには、次の要件を満たしていることを確認してください。

スレッドグループのメンバーシップ

ダウンロードして使用GRLスレッドテストハーネスのソフトウェアを、または認証のための部品や製品を提出するには、次のものが必要コントリビューターや会員をスポンサースレッドグループに。

移植

OpenThreadは、認定の対象となるプラットフォームに正常に移植される必要があります。詳細については、ポーティングガイド

ビルドオプション

以下のビルドオプションは、認証テストに関係するテスト対象デバイス(DUT)に必要です。

  • OT_THREAD_VERSION
  • OT_BORDER_ROUTER
  • OT_COMMISSIONER (フルスレッドデバイス(FTD)のみ)
  • OT_DHCP6_CLIENT (オプション)
  • OT_JOINER

スレッド1.1.1仕様のセクション8は、安全な認証、コミッショニング、および新しい信頼できない無線デバイスのメッシュネットワークへの参加のためのインバンドメッシュコミッショニングプロトコル(MeshCoP)を定義しています。帯域内コミッショニングテストケースにMeshCoPを使用するには、コミッショナーとジョイナーの役割を有効にする必要があります。

OpenThreadは基本的なDHCPv6サポートを提供しますが、DHCPv6はスレッド1.1.1仕様にオプションとしてリストされています。 DHCPv6クライアント機能を使用するテストケースは、5.2.5(REED)、5.3.8(リーダー)、および5.3.9(ルーター)の3つです。アプリケーションでDHCPv6を使用している場合は、ビルドでDHCPv6を有効にします。

たとえば、認証テストでDUTとして使用するためにDHCPv6を使用してCC2538プラットフォームを構築するには、次のようにします。

./script/build -DOT_THREAD_VERSION=1.1 -DOT_BORDER_ROUTER=ON -DOT_COMMISSIONER=ON \
    -DOT_DHCP6_CLIENT=ON -DOT_JOINER=ON

構成やビルドオプションを使用する方法の詳細については、ビルガイド

参照スタックビルドオプション

認定テストに関係する参照スタックには、次のビルドオプションが必要です。

  • OT_THREAD_VERSION
  • OT_BORDER_ROUTER
  • OT_COMMISSIONER
  • OT_DHCP6_CLIENT
  • OT_DHCP6_SERVER
  • OT_JOINER
  • OT_MAC_FILTER
  • OT_REFERENCE_DEVICE

たとえば、認証テストで参照スタックとして使用するCC2538を構築するには、次のようにします。

./script/build -DOT_THREAD_VERSION=1.1 -DOT_BORDER_ROUTER=ON -DOT_COMMISSIONER=ON \
    -DOT_DHCP6_CLIENT=ON -DOT_DHCP6_SERVER=ON -DOT_JOINER=ON \
    -DOT_MAC_FILTER=ON -DOT_REFERENCE_DEVICE=ON

ハードウェア

  • 32のスレッド基準デバイスは、(我々が使用TI CC2538のいずれかOpenThread 1.1またはテストハーネスによってサポートされる別のスレッドの実装を実行して、ボード)
  • テストハーネスが提供するスニファーファームウェアを実行するNXP / Freescale Sniffer USB-KW24D512
  • OpenThread 1.1を実行しているDUT(認証しているデバイス)
  • 次のテストケース用のRFシールドボックス:
    • 5.6.7(リード)
    • 6.3.2(MED、SED)
    • 9.2.9(リーダー、ルーター)
    • 9.2.10(ルーター、ED1、SED1)
  • 少なくとも35台のデバイスをサポートするのに十分なUSBハブ(32台の参照デバイス+2台のスニファー+1台のDUT)
  • テストハーネスソフトウェアを実行するためのWindowsマシン

ソフトウェア

GRLスレッドテストハーネスは、すべて認定試験のために必要です。

次のステップ

すべての前提条件が満たされると、認定テストの準備が整います。

認定テストを自動化するには、追加のセットアップが必要です。参照してくださいオートメーションの設定を詳細については。

手動で実行認定試験に、参照GRLテストハーネスを使用しました