Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

CMake ルールを定義する

GitHub でソースを見る

CMake ビルドシステムは、ビルド ターゲットを定義する CMakeLists.txt ファイルに依存します。リポジトリのルートにある CMakeLists.txt は、ビルドツリーの最上位にあり、ビルドプロセスで使用されるさまざまなターゲット、オプション、マクロの定義に適しています。

最初に定義すべき値は、プロジェクト名とサポートされているプラットフォームです。

この例では、プロジェクト名を ot-efr32 に設定し、バージョンは 0.0.1 にします。また、ot-efr32 でサポートされている efr32 プラットフォームのリストである変数 EFR32_PLATFORM_VALUES を定義しています。この例では複数のプラットフォームを定義していますが、_PLATFORM_VALUES 変数用に単一のプラットフォームを作成しても問題ありません。

cmake_minimum_required(VERSION 3.10.2)
project(ot-efr32 VERSION 0.0.1)

set(EFR32_PLATFORM_VALUES
    "efr32mg1"
    "efr32mg12"
    "efr32mg13"
    "efr32mg21"
)

CMakeLists.txt ファイルには、サポートされていないプラットフォームで起動されたビルドを中止するチェックが含まれています。

set_property(CACHE EFR32_PLATFORM PROPERTY STRINGS ${EFR32_PLATFORM_VALUES})
if(NOT EFR32_PLATFORM IN_LIST EFR32_PLATFORM_VALUES)
    message(FATAL_ERROR "Please select a supported platform: ${EFR32_PLATFORM_VALUES}")
endif()

定義する必要がある次の変数は OT_PLATFORM_LIB です。この変数は、OpenThread のサンプル アプリケーションでプラットフォームとリンクするために使用されます。

set(OT_PLATFORM_LIB "openthread-${EFR32_PLATFORM}")

OpenThread CMake オプション

CMake 変数を定義することにより、OpenThread のさまざまな機能を有効化、無効化、または設定することができます。

ot-efr32 プラットフォームでは、外部 mbedTLS ライブラリ silabs-mbedtls が使用されます。

set(OT_BUILTIN_MBEDTLS_MANAGEMENT OFF CACHE BOOL "disable builtin mbedtls management" FORCE)
set(OT_EXTERNAL_MBEDTLS "silabs-mbedtls" CACHE STRING "use silabs mbedtls" FORCE)
set(OT_MBEDTLS ${OT_EXTERNAL_MBEDTLS})

出力ディレクトリを定義する

次の変数を使用して、さまざまなターゲット ファイルの出力ディレクトリを設定できます。

set(CMAKE_ARCHIVE_OUTPUT_DIRECTORY ${PROJECT_BINARY_DIR}/lib)
set(CMAKE_LIBRARY_OUTPUT_DIRECTORY ${PROJECT_BINARY_DIR}/lib)
set(CMAKE_RUNTIME_OUTPUT_DIRECTORY ${PROJECT_BINARY_DIR}/bin)

ビルドツリーに OpenThread を追加する

ビルドツリーに openthread サブモジュールを含めるには:

add_subdirectory(openthread)

ビルド プロパティを OpenThread に渡す

このファイルの最後のセクションでは、ビルド プロパティ(定義、オプション、インクルード ディレクトリなど)を定義し、openthread ビルドツリーやプラットフォーム ライブラリに追加することができます。

これらの定義を追加する便利な方法は、ot-config ターゲットを使用することです。このターゲットは、構成を定義する目的にのみ使用される疑似ターゲットであり、openthread のほぼすべての CMake ターゲットによってリンクされます。

# Define config filename macros
target_compile_definitions(ot-config INTERFACE
    OPENTHREAD_CONFIG_FILE="openthread-core-efr32-config.h"
    OPENTHREAD_PROJECT_CORE_CONFIG_FILE="openthread-core-efr32-config.h"
    OPENTHREAD_CORE_CONFIG_PLATFORM_CHECK_FILE="openthread-core-efr32-config-check.h"
)

# Disable -Wshadow and -Wpedantic
target_compile_options(ot-config INTERFACE
    -Wno-shadow
    -Wno-pedantic
)

# Add platform dirs to "include" dirs
target_include_directories(ot-config INTERFACE
    ${PROJECT_SOURCE_DIR}/src/src
    ${PROJECT_SOURCE_DIR}/src/${EFR32_PLATFORM}
    ${PROJECT_SOURCE_DIR}/src/${EFR32_PLATFORM}/crypto
)

ビルドツリーにサブディレクトリを追加する

トップレベル構成が定義されたので、他のサブディレクトリをビルドツリーに追加します。

src フォルダは、プラットフォーム抽象化レイヤのソースコードが配置されている場所です。third_party フォルダには、サードパーティのコードがすべて含まれています。

サンプル アプリケーションをリポジトリに含める場合は、examples フォルダを作成し、それをビルドツリーにも追加します。

add_subdirectory(src)
add_subdirectory(third_party)

# Optional
add_subdirectory(examples)

src ディレクトリ

これはリポジトリの中核であり、プラットフォーム抽象化レイヤが実装されます。その他の必要なファイルが含まれています。

src/arm-none-eabi.cmake

これは、CMake がビルドプロセスで使用する変数を定義するツールチェーン ファイルです。最初に、このファイルの ot-efr32 バージョンをコピーして、プラットフォームに合わせて変更することをおすすめします。

src/CMakeLists.txt

ここで、プラットフォーム ライブラリのソースファイル、インクルード パス、コンパイラ フラグを定義します。単一プラットフォームのみをサポートするリポジトリ用のこのファイルの良い例は、ot-cc2538 です。

単一のリポジトリで複数のプラットフォームをサポートでき、複数のプラットフォーム リポジトリを参照として使用できます。ot-efr32ot-nrf528xx をご覧ください。