Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

CMakeルールを定義する

GitHubでソースを表示

cmakeのビルドシステムは、に依存しているCMakeLists.txtビルドターゲットを定義するファイル。 CMakeLists.txtリポジトリのルートには、ビルドツリーの最上部で、ビルドプロセスで使用される様々なターゲット、オプション、およびマクロの定義を開始するには良い場所です。

定義する最初の値は、プロジェクト名とサポートされているプラ​​ットフォームです。

この例では、プロジェクト名を設定しot-efr32のバージョンの0.0.1 。また、変数を定義EFR32_PLATFORM_VALUESのリストであるefr32によってサポートされるプラットフォームot-efr32 。この例のために、我々は、複数のプラットフォームを定義してきましたが、のための単一のプラットフォームた_PLATFORM_VALUES変数は良くとして罰金です。

cmake_minimum_required(VERSION 3.10.2)
project(ot-efr32 VERSION 0.0.1)

set(EFR32_PLATFORM_VALUES
    "efr32mg1"
    "efr32mg12"
    "efr32mg13"
    "efr32mg21"
)

CMakeLists.txtファイルには、アボートがサポートされていないプラットフォームのために立ち上げたビルドというチェックが含まれています。

set_property(CACHE EFR32_PLATFORM PROPERTY STRINGS ${EFR32_PLATFORM_VALUES})
if(NOT EFR32_PLATFORM IN_LIST EFR32_PLATFORM_VALUES)
    message(FATAL_ERROR "Please select a supported platform: ${EFR32_PLATFORM_VALUES}")
endif()

定義する必要が次の変数があるOT_PLATFORM_LIB 。この変数は、OpenThreadサンプルアプリケーションがプラットフォームに対してリンクするために使用します。

set(OT_PLATFORM_LIB "openthread-${EFR32_PLATFORM}")

OpenThreadCMakeオプション

OpenThreadのさまざまな機能は、CMake変数を定義することで有効/無効/構成できます。

ot-efr32プラットフォーム、図書館外部mbedTLS silabs-mbedtls使用されています。

set(OT_BUILTIN_MBEDTLS_MANAGEMENT OFF CACHE BOOL "disable builtin mbedtls management" FORCE)
set(OT_EXTERNAL_MBEDTLS "silabs-mbedtls" CACHE STRING "use silabs mbedtls" FORCE)
set(OT_MBEDTLS ${OT_EXTERNAL_MBEDTLS})

出力ディレクトリを定義する

さまざまなターゲットファイルの出力ディレクトリは、以下の変数を使用して構成できます。

set(CMAKE_ARCHIVE_OUTPUT_DIRECTORY ${PROJECT_BINARY_DIR}/lib)
set(CMAKE_LIBRARY_OUTPUT_DIRECTORY ${PROJECT_BINARY_DIR}/lib)
set(CMAKE_RUNTIME_OUTPUT_DIRECTORY ${PROJECT_BINARY_DIR}/bin)

ビルドツリーにOpenThreadを追加します

含めるにopenthreadビルドツリーでサブモジュールを:

add_subdirectory(openthread)

ビルドプロパティをOpenThreadに渡します

このファイルの最後のセクションは、あなたがに追加すること(そのような定義、オプション、およびディレクトリを含めるなど)ビルドプロパティを定義することができますopenthreadビルドツリーと自分のプラットフォームライブラリにします。

これらの定義を追加する便利な方法を用いることであるot-configターゲットを。このターゲットはもっぱら構成を定義し、ほとんどすべてのcmakeの目標によりに対してリンクされているの目的のために使用されている偽のターゲットであるopenthread

# Define config filename macros
target_compile_definitions(ot-config INTERFACE
    OPENTHREAD_CONFIG_FILE="openthread-core-efr32-config.h"
    OPENTHREAD_PROJECT_CORE_CONFIG_FILE="openthread-core-efr32-config.h"
    OPENTHREAD_CORE_CONFIG_PLATFORM_CHECK_FILE="openthread-core-efr32-config-check.h"
)

# Disable -Wshadow and -Wpedantic
target_compile_options(ot-config INTERFACE
    -Wno-shadow
    -Wno-pedantic
)

# Add platform dirs to "include" dirs
target_include_directories(ot-config INTERFACE
    ${PROJECT_SOURCE_DIR}/src/src
    ${PROJECT_SOURCE_DIR}/src/${EFR32_PLATFORM}
    ${PROJECT_SOURCE_DIR}/src/${EFR32_PLATFORM}/crypto
)

ビルドツリーにサブディレクトリを追加します

トップレベルの構成が定義されたので、ビルドツリーに他のサブディレクトリを追加します。

srcプラットフォームabstration層のソースコードが置かれている場所フォルダです。 third_partyフォルダには、サードパーティのコードが含まれています。

あなたは、レポのサンプルアプリケーションを含める作成したい場合examplesフォルダを、よくとしてビルドツリーに追加します。

add_subdirectory(src)
add_subdirectory(third_party)

# Optional
add_subdirectory(examples)

srcディレクトリ

これはリポジトリの中心であり、プラットフォーム抽象化レイヤーが実装される場所です。また、他のいくつかの必要なファイルが含まれています。

src/arm-none-eabi.cmake

これは、CMakeがビルドプロセスで使用するいくつかの変数を定義するツールチェーンファイルです。良い出発点は、コピーするだろうOT-efr32のこのファイルのバージョンをご使用のプラットフォームに合わせて、それを修正します。

src/CMakeLists.txt

ここで、プラットフォームライブラリのソースファイル、インクルードパス、およびコンパイラフラグを定義します。唯一の単一のプラットフォームをサポートしているリポジトリにこのファイルの良い例があるからot-cc2538

単一のリポジトリで複数のプラットフォームをサポートすることが可能であり、複数のプラットフォームリポジトリを参照として使用できます。参照してくださいOT-efr32OT-nrf528xxを